ネタバレあらすじ

妖怪学校の先生はじめました75話のネタバレあらすじと感想~玉緒と連助の再会

妖怪学校の先生はじめました75話のネタバレあらすじと感想です。

歌川の過去話の続きからスタート。

そして今回、ついに連助が玉緒と再会します。

みんなの協力の元、体を張ってたどり着いた玉緒。感動の再会となるのでした。

妖怪学校の先生はじめました75話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

ここからは

ネタバレするよ!

先へ

過去の後悔と向き合った歌川。

連助を取り戻す事を強く決意します。

 

そこへスルリと近づいた暗、ナチュラルに話へ加わりながら明の腕に薬を打ちます。

ぷすっ

妖術で周囲を見てたはずなのに~

力が抜けてく体でぼやく明。

僕も同じ百々目鬼(どどめき)だから

ざまあみろ

彼を文字通りマウントし組み敷く暗。

 

獲物をしとめにかかった生き物ほど守りは薄いもの。背後からガシャドクロ化した歌川が襲い掛かったのに暗は気づきませんでした。

歌川が2人を上から押し付け、暗・明の最悪なサンドイッチの出来上がりです。

 

自分はここで足止めする!

歌川は佐野に清明先生を託すのでした。

 

 

連助に会うべきは歌川なのでは!?

佐野は戸惑いますが、全部終わってからちゃんと話してやり直す。そう彼女は決めているようです。

 

彼女の決意を感じた晴明。

戸惑う佐野を短く説得し、2人で先へ進むのでした。

 

希望の光

外では、狢達が見越し入道夫妻に追われていました。

…が、体力と妖力の限界。

長くは逃げられず捕まってしまいます。

 

もう、ダメかと思ったそのとき。

!!!

狢が連助の部屋の窓を発見!

やたらとでかい窓が印象的だったようです。

 

既に捕まってしまってる自分たち。

ここはイチかバチか

 

賭けに出た狢。

頭に乗っていた玉緒を窓の近くまでぶん投げました

もう、既に猫化していた玉緒は敵から逃げ切り、ついに連助のところまで辿り着くのでした。

 

再会、そして動き出す

再会を果たした、玉緒と連助。

 

玉緒は、胸ポケットからあるものを取り出します。

それは、テスト用紙。

 

自分の名前もろくに書けない玉緒。点数はいつも悲惨なのですが…。

なんと、今回は38点!!

(パチパチパチパチ)

 

玉緒をねぎらう連助。

目から涙がこぼれます。

点数のこともここまでやってきた道のりのことも、玉緒の頑張りを思うと涙が止まりません。

 

よしよし

震えて泣く連助の頭をなで、同じように彼の頑張りをねぎらう玉緒。

 

 

ーーーーーーーーーーー

連助は歌川=瑠莉だと知りました。

玉緒が話したようです。

 

大混乱する連助。『これからどうしたらいいのか…』思わず玉緒に正解を求めますが。

大事な決断は自分でしなきゃ

もっともな意見と、どんな結論を出しても自分は連助の親友という暖かい言葉にハッとします。

 

そんな得難い時間を断ち切るように連助の父、登場~。

 

当然、玉緒に目が向きます。

そこで礼儀正しく自己紹介する玉緒。姿勢を正して可愛い!

そしてちゃんと自己紹介を返す連助・父(笑)。この礼儀正しさ、好きです。

 

その流れのまま玉緒は、

連助の退学取り消し

清明を参組の担任容認

この2つを求めますが、即刻却下。

何より連助の父は清明の退魔の力を案じてるようです。

 

玉緒は反論します。

自分をはじめ、みんな多少なりとも危険と思える力を持ってる。危険かどうかは使い方と使う人次第だ!

……

連助・父の意見は変わりません。

蓮華の分まで連助を護りたい。

父にそう告げられ、ましてや母の名を口に出され動揺しまくる連助。

 

そこで玉緒は、自分と清明は連助の母・蓮華に頼まれた!と叫びます。

これには父子ともに大いに動揺(笑)

 

連助父は思わず玉緒をつまみ出します。

一線を越えた先で清明が待ってる

玉緒は連れ去られる直前、叫ぶように言葉を残しました。

 

清明からのメッセージ

つまみ出された玉緒は使用人に引き渡されます。

チュールにつられて美味しくいただく様子や、そもそも動物妖怪ということで心無いそしりを受けますが、その様子を連助父は”品がない”と一喝。

おまけに玉緒について、学ぶ姿勢は個人的に嫌いじゃないと評価します。

 

あくまで連助父は妖怪の味方です。

そして

妖怪の脅威になりえる安倍晴明だけが敵視されているようです。

 

 

ーーーーーーーーーーー

1人になった連助。

玉緒にもらった言葉がよぎります。

 

ふと、彼が忘れていったテスト用紙に目が行きました。

裏に何か透けて見えます。

 

晴明からのメッセージです。

 

この一文を玉緒に託した参組みんなの意思を汲み、連助も決意します。

制服に着替え、自分の足で歩きだすのでした。

 

 

 

感想

玉緒グッジョブです!

そして玉緒を投げた狢も同じくグッジョブ!!

よくあの状況で連助の部屋の窓を見つけました!感心しきりです。

 

玉緒も、連助にテスト用紙を見せるために体を張るって。…それだけでなく例の一文のためにみんなに連れてきてもらったんだけど、それでも連助との計り知れない絆を感じてジーン…。

 

ここまで参組一丸となって頑張っているんだから、晴明にはぜひ連助父に打ち勝って欲しい!

それでまた、連助も一緒に学校生活を送って欲しいですね。

連助だってただ待つだけの姿勢はやめたみたいだし、潮目は変わってきたのでは?!

次回巻頭カラーだそうです。

大きく展開が変わる予感?!

-ネタバレあらすじ
-, , ,

© 2021 ドロップ Powered by AFFINGER5