数字で遊ぼ31話のネタバレあらすじと感想~自由と早乙女

数字で遊ぼ31話のネタバレあらすじと感想です。

まふゆの実家にお呼ばれした4人。

雪かきなどでこき使われたうえに、山小屋で遭難しかけた男性陣でしたが何とか無事に生還しました。

そして久々に学校です。

学内ではゼミ選択のオリエンテーションが始まろうとしていました。

数字で遊ぼ31話のネタバレありのあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

ここからは

ネタバレするよ!

自由過ぎる早乙女先生

生徒の今後を決める、大事なゼミ選択オリエンテーションの前日。

 

とある部屋に、学部長である早乙女先生の呼びかけにより集められた教授達。

議題は翌日に控えたゼミ選考の基準についてですが、室内は何やら重たい空気です。

 

ゼミの選考は例年通りでいいじゃないかという教授達に対し、それだけでは足りないと大胆なゼミ選考改革を提案する早乙女先生。

 

他でもない早乙女先生の思いつきです。

良い予感は全くしないけど、その改革内容とは…?

 

 

詳細を内密に教えてもらい、聞かなきゃよかったと思う教授達でした

当日まで生徒には内緒

 

吉大縦断MATHクイズ

ゼミ選択オリエンテーション当日。

横部は大学構内で北方、猫田と再会します。

 

みんなまふゆの実家のメガ盛りのごはんに懲りたようす…。

散々スキーを滑り倒した世見子は、時間差でやってきた筋肉痛にヨレヨレになりながら登校して来ました。

 

 

そんな中、意気揚々とオリエンテーションを開始する早乙女先生。

浮かない顔をした他の教授達とのテンションの格差が異様です。

 

 

早乙女先生いわく…

各ゼミの希望者が定員オーバーになってしまった場合に…

ゼミの生徒を従来通り成績順で選考してしまっていいものか。

それでは過去問を攻略してしまえば、実力関係なく高得点が取れてしまうのではないか

 

そこに疑問を呈し、新たなる判断材料を追加します!と頭上のくす玉をパカッ!

 

中から出てきた垂れ幕に書いてあったのが、、

 

吉大縦断MATHクイズ

生徒ドン引き

暴走する早乙女先生を止めたのは、、

強制的にお揃いのTシャツを着せられ始まった吉大縦断MATHクイズ。誰もが少しも乗り気になれてない空気の中、、

 

自分の行きたいゼミが人気で入れるか微妙な状態だった場合に、このクイズでの頑張りが効いてくるかもしれないと冷静な判断をする北方。それを聞いて横辺は急にやる気を出します。

 

 

希望のゼミに入るためにはクイズに参加せざるを得ない事を段々と理解し始める生徒たちと、単純にTシャツ欲しさで参加するまふゆ

 

 

そんな状態で始まった吉大縦断MATHクイズ。

クイズの内容は数学に関係あるものから全く関係無いものまで

走らされたり大食いさせられたり、早乙女先生の暴走は止まりません。

 

早乙女先生の暴走に付き合わされてる生徒たちを見るに見かねた教授達は、この茶番を早急に終わらせるために、ある方を呼んでいました。

 

それは、、

吉田大学名誉教授 束田先生

暴走を止める最終兵器

みんなはどのゼミに?

数学の権威のような束田先生の登場に震え上がる早乙女先生。

何をやっているのかという束田先生の一喝により、クイズ大会はここで無事にお開き。

 

ゼミ選考は結局、例年通りの方法で行われることとなりました。よかったよかった。

 

そして5人は、どこのゼミに希望を出すのか、結果が分かる当日までお互い秘密にしようと決めました。

 

 

発表当日、ドキドキしながらゼミ選考の結果を見に行く横辺。

 

結果は、、横辺と北方のみ同じゼミ。

仲良しというか腐れ縁というか、縁がありますね。

 

他のみんなはバラバラのゼミに入ることになりました。

そして学部生活、最後の1年が始まるのでした、、。

感想

周りの空気をスルーしながら無邪気に暴走する早乙女先生に巻き込まれていく横辺たちの姿、、今回も安定の面白さでした。

早乙女先生はおそらく、昔懐かしいウルトラクイズのノリをやりたかったんでしょうけど、生徒たちが誰もそれを知らないというジェネレーションギャップが悲しかった、、!

 

ゼミは離れ離れになっちゃうけど、きっと5人はこれからも変わらず絡んだり絡まれたりしつつするのだろうと思います(期待も込めて)

 

そして、今回もまふゆの天才(天然)ぶりが健在でした。

50m走を12秒で走るまふゆって一体、、。