ネタバレあらすじ

王の獣の第27話ネタバレあらすじと感想~口づけを交わした2人は…?

王の獣の第27話ネタバレあらすじと感想をお届けします。

ついに口づけを交わした藍月と天耀。

…なのに直後から甘いムードになるわけではありませんでした。

立場の違いや蘇月のことを思うと、素直になれない藍月でしたが…?

王の獣の第27話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

ここからは

ネタバレするよ!

皇子の獣

場所は池の岩の上。

藍月と天耀は向き合ったまま黙り込んでいます。

 

ふと、天耀の袖が濡れていることに気付いた藍月。天耀を抱えて移動します。

この直前キスした2人ですがそのことよりも、天耀の身を一番に考える藍月です。

 

一方の天耀も、自身のアルカナを試すため無茶をした藍月を諫めつつ、藍月の無事を喜びます。

(『えっ、キスについてはどうなったの?!』と思わずにはいられないけど、どんなときもお互いを思いやる2人です。)

 

藍月と別れ、自室に戻った天耀。

着替えを済ませ、

暖をとり、

書物に目を通し始めたところであることに気が付きます。

自分の想いを伝えた。

だけど、藍月の気持ちは…?

 

思い起こすと嫌がっていた様子はありませんでした。

だけど立場が違います。

権力者からの一方的な告白…パワハラやセクハラの可能性に思い至り、汗の止まらない天耀なのでした。落ち込んで溶けちゃってる天耀さまがかわいいですw

 

蘇月の居所

翌朝、廊下を歩いていた太博は藍月の散髪を頼まれます。

 

そうしながら、

蘇月のことを心配する藍月。

太博はアルカナの存在を隠しつつ、天耀・江凱の調べを待つよう告げます。

 

救出を焦る藍月は、自分が囮になると提案しますが…自分の身を案じてくれている天耀のことを想い、蘇月に関する吉報を待つことに決めるのでした。

 

忠告

藍月の髪を切る太博。

 

唐突に天耀には男色の気があるのかと問われます。吹き出す太博。

唇を触りながらたどたどしく話す藍月を見て、何が起こったのかを察しました。

 

自分も藍月に情が湧いてるため、天耀が藍月に惹かれたことにもすんなりと腑に落ちた様子です。

 

それでも藍月のため、天耀との身分の違いを改めて忠告する太博なのでした。

 

二人の未来

散髪も終わり、一人廊下を歩く藍月。

 

太博に言われたことは理解している

そうつぶやきながら、その顔には浮かない表情を浮かべています。

 

放心状態で歩いていると、後ろから天耀に声を掛けられます。

ゴチッ

柱に頭をぶつけてしまう藍月。

 

天耀さま、藍月が悩んでいることを察知して、独りよがりな告白をしてしまったことを謝ります。

 

 

自分の気持ちを知らない天耀。

藍月は身を引こうと考えます。

だってその方がすべて丸く収まりますから。

 

だけど、

目の前の天耀を見ていると気持ちは揺らぎます

 

藍月が気に病まないようにと

悲しさを感じさせない表情で、自分に触れることもなく変わらず優しい天耀。

見てるだけで胸が苦しく押しつぶされるよう。

 

彼(天耀)を笑顔にしたい

そんな思いから告白した藍月。嬉しさで胸がいっぱいで困ったような表情の藍月が美しいです!!!

 

天耀さまは藍月の可愛さにやられて

また溶けちゃってますw

 

 

ーーーーーー

場面は変わり、宮殿内。

目元に化粧を施しながら鏡に向かって蘇月と呼ぶ人物が現れーーー。

もしかしてこの人が…!?

 

 

 

 

 

感想

二人のラブラブな様子と、気になる人物の登場。

見どころの多い回でした…!

やっとキスに至ったと思ったら、藍月の反応が薄かったり太博から警告されたりと不穏な空気が続いたので、どうなることかとハラハラ…。

互いに思いを確認した後は、表情が藍月・天耀共に魅力的過ぎて、ニヤニヤが止まらなかったです!

また、落ち込んだり、赤面したりと、いろんな場面で溶けてしまう天耀さまの可愛さと言ったらないですね!!

そして、最後に登場した人物についてですが…

藍月と同様の狐耳を生やしていて、どことなく顔も似ている気がします。

明確に違うのは、目元に妖狐と呼ぶにふさわしいような妖艶な化粧を施していることでしょうか…

次回は蘇月らしき人物について詳しく知れるかも!?

 

-ネタバレあらすじ
-, , , ,

© 2021 ドロップ Powered by AFFINGER5