初恋の世界の第58話のネタバレあらすじと感想~幸せのその次は

初恋の世界58話のネタバレあらすじです。

智博の実家から草太を取り戻した香織。

…ですが、まだ納得のいかない智博の両親が香織の家に押しかけてきます。

一方、竹下と結婚した黒岩譲は何やら悩んでいる模様で…!?

初恋の世界58話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

久々の家族団欒

色々あった翌日の朝です。

 

娘のメイが目を覚ますと…

そこには、しばらく不在だった草太の姿がありました。

嬉しくて草太に抱きつくメイ。

 

そんな2人の姿を安堵の表情で眺める香織。

昨夜は色々ありましたから、目の下にはクマがびっしりです。

 

自分たちの都合で、子供たちに父方の祖父母と絶縁させてしまったこと。

そして何より草太を深く傷つけてしまったことを香織は申し訳なく思っていました。

そんな中…

 

ピンポーン

 

玄関のチャイム。

朝の7時半です。

 

こんな早朝から一体、誰…?

嫌な予感

 

 

草太を返しなさい

早朝から突撃してきたのは…

智博の祖父母でした。

 

草太を返しなさい

 

跡取りとして、どうしても草太を渡したくない2人は必死です。

 

香織の稼ぎだけでは、孫たちに惨めな思いをさせるのでは!?

 

玄関先でモメている内に、何事かとギャラリーが集まってきました。

2人が乗ってきた高級車にも興味津々で群がる近隣住民。大事です。

 

そっと玄関を閉める草太。

ご近所に聞こえないようにボソッと言いました。

 

おじいちゃんの病院…

悪いことしてるんでしょ?

 

それを聞いて青ざめる智博父。

逃げるように帰って行きました。

 

草太の機転のおかげで、智博の両親を撃退。

 

うちは訳ありなんです~とご近所に明るくご挨拶する香織。

香織も草太もたくましくなったね…!

 

 

薫と小鳥遊のこれから

電車で竹下家に向かう薫と小鳥遊。

 

黒岩譲と夫の竹下に結婚の保証人を頼んだようです。

お礼に(?)出張シェフとして腕を振るう予定の小鳥遊。

 

行きの道中では、新居をどうするかという話し合いをする2人。

 

出来れば、これから先も大家さんと一緒に生活して行きたい。

今の下宿先をリフォームして…

ゆくゆくは子供をもうけて大家さんに面倒見てもらって…

 

夢が膨らみます。

 

2人の描く将来のイメージには、自然と子供がいる未来がありました。

 

 

黒岩譲の悩み

これからの予定を黒岩譲に聞いてもらう薫。

子供ができたらと、当然のように子供のいる未来を口にする薫に、黒岩譲が尋ねます。

 

婦人科の検診は行ったのか

 

痛い所を突かれた薫。

行く予定ではあると答えました。

 

そしてようやく気付きます。

黒岩譲が元夫との間に子供を授かれずに傷付いていた事を。

 

 

元夫は自分と離婚後、現妻との間に3人も子供が出来てた。

それを知って辛かった…。

竹下君との間にも子供が出来なかったら…?

 

薫に子供が出来たら、

心からおめでとうとは言えないと思う。

 

 

そんな黒岩譲に、自分は無神経だし薄いアドバイスしか出来ない、ごめん。

愚痴だったらいつでも聞くよと言う薫。

 

それに対し、素直にありがとうと答える黒岩譲でした。

 

 

出せない婚姻届け

翌日は大安吉日。

薫と小鳥遊の婚姻届けを提出しに行く日です。

 

仕事終わりに小鳥遊を待っていると…

何と小鳥遊のパン屋の師匠がぎっくり腰をやって動けないとの事。

 

既に受けてしまった注文分のパンを間に合わせたい師匠ですが、どうにも腰が痛くて動けません。

 

急遽、小鳥遊が代わりにパン作りをする事になりました。

お手伝いをする薫。

 

気が付くと、時計は12時を回ってしまってました。

大安吉日が…!

 

家のテーブルの上には、置いたままの婦人科検診の案内がありました。

 

 

感想

香織の戦いはどうやらまだ終わってなかったようですが…(笑)

これでようやく一件落着!

子供たちをたくさん傷付けてしまった分、これからは存分に幸せになって欲しいです。

そしてリアル過ぎる黒岩譲の悩み。

「心から祝福出来ないかも」なんて本人に直接言えちゃうあたり、黒岩譲は強いです。

薫の婦人科検診の件も心配ですが…早く検診に行ってほしい!