ネタバレあらすじ

御手洗家炎上する38話のネタバレあらすじと感想~最終回直前!きたるべきとき

御手洗家炎上する38話のネタバレあらすじと感想です。

自分が火をつけた真犯人だと告白した真二。

彼の話の続きです。

真二の視点で見たこれまでの話、それから柚子の家族と向き合います。

 

 

御手洗家炎上する38話のネタバレあらすじ

 

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

告白の続き

柚子と会ってる真二は、内心でずっと彼女の様子を探っていました。

でもそんなのは最初だけで、

変わってない、笑顔の柚子に救われてたのが本音です。

 

次第に柚子が喜びそうなお店を調べたり…。

 

ただ、ある日、母親に言われた言葉で柚子を疑うことになります。

彼女は自分を勘ぐってる

そんなの自分こそなのに、

途端に彼女に対して疑心暗鬼。

 

その後、彼女と周囲の辛い状況を目の当たりにして…。

力になりたい。

だけどどの顔して?

柚子を抱きしめながら、今だって情報を聞き出そうとしてる。

 

向き合うとき

全てを聞いた柚子は、腑に落ちたような悲しいような表情。

 

お互いに探り合ってたからお互い様。

だけど、真二の優しさは嬉しくてすっかり誤解はしてた。

柚子は涙目です。

 

 

彼女に手を伸ばす真二。

パンッ

真二の頬を杏子がはたきます。

…この話を聞いた直後です。お怒りごもっともです。

 

 

杏子が聞きたいのは、真希子が罪を認めたとき、その場にいたのに何も言えなかったのかということ。

自分がやったのにどうして黙ってたかということ。

 

ただ謝るだけの真二に、思わずつかみかかり疑問を投げかけます。

 

何度も自首しようと思った。

だけど、母や兄が出頭しても心のどこかで、自分は助かる。と思ってしまったそうな。

あとはただ謝る真二を杏子は車で連れ出します。

 

ーーーーーーーーーー

病院です。

そこにはおばさん(皐月)がいます。

 

おばさんと真二

 

病室にいる皐月はやつれたように見えました。

だけど真二に気づくと、笑顔で話し始めます。

 

真二は彼女の話を遮り土下座。

事件について告白し、謝るのでした。

 

皐月は一瞬、ごみでも見るような目で彼を一瞥し、

話し始めます。

事件の日、真二と目が合った時のこと。

忘れて生きてたのに、SNSでつい触れてしまって辛かったこと。

 

それから…

一生恨む

と伝えます。そりゃそうだ。

 

その時、警察が入室。

マスコミも動いてると聞いて動揺する真二を連行します。

 

彼に皐月が声を掛けます。

自分はこれからずっと、真二を意識して過ごすことになる

それが皐月にとっての人を恨むということなんだそう。

ある意味、真二のことを真剣に考える存在がいること。

それを忘れないでほしい。

優しさ

憎しみ

つらさ

色んな感情が絡み合った表情で伝えられた言葉。目頭にグッときます。

どこまでも心優しい人です。

 

 

ーーーーーーーー

真二退室後、杏子と過ごす皐月さん。

明るい表情でカヌレを頬張り幸せそう。

 

あの日、火はちゃんと消してた。

杏子に話し始めます。

 

 

いつも確認は怠らなかった。

なのに火事はキッチンからで…。

もしかしたら自分が悪かったのかも。そう思うと家族に申し訳なくてつらかったそう。

 

だけど、自分はちゃんと火を消してた。

そうわかって安心したみたい。

 

自分をずっと信じてくれてた杏子。

皐月は娘に感謝しながら涙をこぼすのでした。

 

 

 

 

 

感想

本当に許す気もないし、恨んでるけど憎み切れない。

こういう人が本当に心優しい人なんだわ。

 

希一は真二の弱さを心配してたけど、彼女の言葉がいつまでも残ればいいと思います。

…てか残ってないと人じゃないわっ。

 

皐月さんのような人には本当にのほほんと生きててほしい。

憑き物が落ちたように明るい顔で、カヌレを食べた彼女に心底ほっとします。

最後の涙にジーン。

 

-ネタバレあらすじ
-, ,

© 2021 ドロップ Powered by AFFINGER5