はやくしたいふたり31話のネタバレあらすじと感想~お兄さんと慶一郎

はやくしたいふたり31話のネタバレあらすじと感想です。

ユーリの部屋に慶一郎のお兄さんが!

今回はお兄さん登場の理由とキャラクターが判明。

なんて可愛いお人柄なんでしょう…。

正直好きですお兄さん。

はやくしたいふたり31話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

かぶと丸リング…

 

前回の終わり、慶一郎のお兄さんが衝撃的な登場をされました。

…が、ユーリはこれをある程度予測していました。

 

その理由は30分前の慶一郎との会話にあります。

 

 

かぶと丸リング

 

不意にユーリに贈った手作りリングを【かぶと丸リング】と呼ぶ慶一郎。

あのリング、ユーリのYでなく、カブトのツノで選んだらしい…。

そしてただのリングでなく、防犯ブザーとGPS機能がついてる。(だから物理的に重たい(笑))

ユーリの中で崩れ去るロマンス。

 

 

どうしてその【かぶと丸リング】の話を始めたかと言うと、ユーリの安全が脅かされる恐れがあるから。

現に今、尾けられてる。

 

しかもそれは4邸の人間だといいます。

 

 

4邸とは…

 

葛城第4邸。

またの名を葛城更正の館

本家の意に反する人間が左遷先として送られるそうで、ペナルティがまたリアル。

政界への出馬禁止

廃嫡

財産放棄

……。

闇・葛城家おそるべし…。

 

 

そして何より慶一郎が気にしてるのは、その4邸の責任者が慶一郎の兄ということ。

昔2邸に住んでた兄。

今は左遷先と言われる4邸の責任者。

慶一郎は詳細は省くも兄は自分を恨んでるとこぼします。

そして危害が加わるのはユーリだと思っていて、過剰なくらいユーリを心配してるみたい。

 

 

自分の本家での評価が下がり

ユーリの行動も派手だし。

さらに自分たちを尾けてるのは4邸の人間。

かぶと丸リングをいつ使ってもおかしくない状況だと考えています。

 

部屋へのお誘い

 

だから今夜は俺の部屋に泊まれ

慶一郎の提案にユーリの妄想が止まりません。

もちろん2つ返事でOK

荷物を取りに自分の部屋に戻ります。

 

 

 

そして今、ユーリの部屋で慶一郎の兄と遭遇するのでした。

 

慶一郎の兄

 

4邸の責任者。

そして慶一郎を恨んでる。

彼がそんな言い方するから身構えるユーリですが…。

 

 

家族の恋人に挨拶するの初めてだから、なんか照れるー!

めっちゃ照れてるお兄さん。

ユーリとの呼び方を決めたいみたいで、焦ったり照れ笑いしたりなんていうか…人間味のある可愛い生き物に見えます。

慶一郎にはない、全面可愛い尽くしのお人柄。

 

そんなお兄さんがユーリに接触する理由は、慶一郎に自分と同じ轍を踏んでほしくないから。

本当は慶一郎に伝えたいんだけど

慶一郎は自分を嫌ってるから、彼女であるユーリに伝えたいことがあるみたい。

 

とはいえ、今お兄さんは窓の外に張り付いてる状態です。

中に入ろうと窓の状態を見ると…。

窓がはめごろし。

 

 

じゃ、割っちゃおう。

バールを取り出すお兄さん。

 

やっぱりヤバい人でした(笑)

 

 

至近距離で窓ガラスを割られそうになるユーリ。

寸前に慶一郎が現れます。

 

 

ユーリをかばうように前に出る慶一郎。

彼女に危害を加えるなら、器物損害でどんな手を使っても刑務所に放り込むと宣戦布告です。

 

 

わぁー!

久しぶりだね!

大きくなったね!

お兄ちゃんは慶一郎の登場でただただ喜びます。

ずっと会ってなかったみたい。

 

 

慶一郎は何も聞かずすぐさまカーテンを引いて、お兄さんから見えないようユーリを抱きしめます。

無事でよかった。

 

 

責任は俺が取る!

そのままユーリをお姫様抱っこして、移動を始めるのでした。

慶一郎に冷静さがなくなってる!!!

 

 

 

感想

 

一体お兄さんの過去にどんな辛いことがあったんでしょう。

どうやらお兄さんは、自分が過去にやってしまったことと、同じことを慶一郎がしようとしてると思ってるのかな?

同じ轍を踏んでほしくないって言ってるし…。

 

それから慶一郎をみるに、妙にユーリの安全ばかり気にしてて…。

昔、お兄さんには恋人がいて、この女の子に何らかの危害が加えられたんじゃなかろうか…。

慶一郎の冷静さを欠いた判断がすごく気になります。

\  直接読むならこちらから! /