ネタバレあらすじ

ふたりで恋をする理由42話のネタバレあらすじと感想~何より言わなきゃいけないこと

ふたりで恋をする理由42話ネタバレあらすじと感想です。

高熱を出した美園くん。

うららは彼を1人にしたくなくて、泊まり込みで看病しました。

今回は美園くんが目を覚ますシーンから。

まずは一晩泊まったうららに心底驚いて…。

思いもよらない幸福な光景に見とれる美園くんが見どころです!

ふたりで恋をする理由42話のネタバレあらすじ

その前に!

ちょっとだけ、個人的評価です。

楽しそう     ♥♥♡♡♡ 
切ない      ♥♥♥♡♡ 
キュン度     ♥♥♥♥♡ 
甘い度      ♥♥♥♥♡ 
知らないうちに好きな子が自分ちに泊まってて戸惑う美園くん。
かいがいしいうららの姿に見とれるシーンに、男目線でキュンとしちゃいました。オレ女なのに(笑)
そして、ついに告白。

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

ここからは

ネタバレするよ!

昨日の夜のこと

目が覚めた美園くん。

ゆっくり上体を起こしていると…ドアが開いてうららが顔をのぞかせます。

 

顔色が良くなってる美園君にほっとしながら

具合は?

熱は?

起きれる?

次々聞きとるうらら。

そんな彼女の存在に目と口があんぐりと閉まらない美園くん(笑)

 

は?!

と思わず大きな声を出してしまい咳き込みます。

何より一晩泊まっていたらしいうららの存在に驚きまくるけど、頭が付いていかず何も言えない…(笑)

 

 

そんなことより。

昨日の夜のこと覚えてる

うららが確かめたいのは美園くんが口にしたあの言葉。

だけど何のことやらの美園くん。

 

覚えてないならいいのっ

慌ててリビングに引き上げていきました。

 

前回、熱に浮かれるようにうららの手を取って「会いたい」と口にした美園くん。

自分のことを好きなのかも

一晩戸惑い続けたうららでしたが、今朝の様子を見るとどうやら自意識過剰だった?

//////

猛烈に恥ずかしくなるうらら。

あれは聞かなかったことにしよう。

普通にすることに決めました。

 

めまいがするほどの幸福

そうこうしてると

着替えを済ませた美園くんがリビングにやってきました。

 

ドアをあけた美園くん目線でみるうららがかわいい!!

おかゆを用意してくれてて

食べられそう?

なんて笑顔で聞いてくれる彼女。

 

……に見とれて返事が遅くなる美園くん。こういうメンズのシーン大好物です。

 

ちょっとの間、黙って立ってた美園くんに「勝手して怒ったかな?」と心配するうらら。

我に返って慌てて返事をし、急いで着席する美園くんをなんとも言えない顔で見守ります。

 

言わなきゃいけないこと

迷惑かけてごめん。

ありがとう。

 

玄関先で別れる直前も、何度となく申し訳なさそうにする美園くん。

気にさせないよう軽口も混ぜながら、

うららは笑顔で帰宅します。

 

 

リビングで1人になった美園くんは

1人反省会です。

『自分から会おうっていったのに看病させてしまった…。』

 

そんなことを考えてたかと思うと、今度は自分が見とれたうららの姿を思い出します。

 

朝食を用意してくれてたうららの姿。

何より幸せなその光景を反芻します。このシーンが、美園くん目線でくらくらするほど美しい…。

 

最後は、帰り際のうららの笑顔を思い出して…。

美園くん。

何かを決意した表情になりました。

 

 

ーーーーーーーーー

自宅に帰るうらら。

何度も申し訳なさそうに謝ってた美園くんを思い出します。

おかゆを用意したときも、ちょっと固まってて無条件に嬉しそうじゃなかった…。(君に見とれてたんだよ。読者より)

 

親切を押し付けてしまった…

反省しています。

こちらも1人反省会でした

 

そこへ、美園くんが

スウェットにダッフルコート姿で追いかけてきました。

熱があるのに!

心配するうららに、息を切らしながら伝えます。

 

言わなきゃいけないことがある

好きだ

歩道橋の上で、2人の時間が止まります。

 

 

 

 

感想

違う。

感想として、

一番言わなきゃいけないことがある。

 

絵が好きだ。

 

私、この作品の絵が好きです。

もちろんストーリーも、心臓ギュンギュンさせる告白シーンも好きです。

だけど何より絵が好きです!

もー美園君のスウェット姿にダッフルコートとか、うららを呼び止めたときの表情から服装まで無防備な姿とかすんごくきゅんです。

 

寝起きの美園くん目線での描かれたうららの姿もいい!

あったかい部屋

用意された食事

そして笑顔のお前(笑)

いやぁ。

男目線で見るのって本当に好きなんで、これまたたまらんシーンでした。

-ネタバレあらすじ
-, ,

© 2021 ドロップ Powered by AFFINGER5