ワールドトリガー212話のネタバレあらすじと感想~遠征選抜試験10


ワールドトリガー212話のネタバレあらすじと感想です。

初日の成績順位が発表され、各隊が振り返りを行います。

ヒュースが効率重視の案をだすも、若村は即答できませんでした。

そんな中、成績表に違和感を感じた古寺は…。

ワールドトリガー212話のネタバレあらすじ

 

\ ネタバレ前に読むならこちら!/

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

 

A級評価の違い

古寺が諏訪に連絡したのは、

A級評価を知るためでした。

 

諏訪隊のA級評価の平均は+15点、来馬隊は平均+13点。

 

それに対して古寺隊は平均一桁だったのです。

 

特別課題で議論が長引かないよう、
時間制にしたため、
A級が評価をつける材料がなかったことが原因だったのでは?

 

悩む古寺でしたが、メンバーからの提案もあり、
今後はA級評価を重視して
積極的に議論する方向でまとまりました。

 

この古寺の評価を、-1とする審査員と+2とする審査員が。 はたしてこの決断はどう転ぶのか。

 

ヒュースの言い訳

各隊は夕飯をとり、就寝準備へ入ります。

 

問題があるのはヒュースでした。

 

就寝時はトリオンを解除するので、
ツノが隠せません。

 

試験前、心配するレイジに
問題ない、うまくやると答えたヒュースでしたが…

 

カナダ人は個室じゃないと寝られないんだ。

 

考えた対処法がコレでした…。

 

唖然とする同室メンバーでしたが、
ヒュースは外国人という設定です。

 

生身では言葉が通じないからと、
無事に個室を使えることになりました。

 

諏訪のアドバイス

 

諏訪隊もそれぞれが寝室へ向かいます。

 

修と相部屋の諏訪は、真剣な雰囲気で話し始めます。

 

明日からのシミュレーション演習で使う駒は、
各隊員の戦力評価に準ずる設定です。

 

そうなると、戦力もトリガーも低い修は、
必然的に低い能力の駒となります。

 

今まではアイディアや戦法で戦闘力の低さをカバーしていましたが、
PCシミュレーションでは再現できません。

 

修は自分がチームの足を引っ張る現実を理解しました。

 

しかし、それは計算のうちだからへこむなと、

諏訪は声をかけます。

 

そして、黙らずに意見を言い続け、

審査側の印象を良くしろとアドバイスします。

 

それでも手におえなければ俺に振れ。

 

そういうと諏訪は眠りにつきました。

 

諏訪、だてに隊長してるだけあるな~。

 

翌日、

若村は、課題は各自で解いて回答すべきと決断しました。

 

効率を考えて全員カンニングを行った場合、
ルールに書いてないとはいえ、
実は違反だった場合責任が取れないからです。

 

全員カンニング法を提案したヒュースは、
素直にその決断に従いました。

 

そして他メンバーもリスク回避は大切だと納得していましたが、
なぜか若村だけが不服そうな表情でうつむいていました…。

 

一方そのころ、

諏訪隊ではさっそく戦闘シミュレーション演習の確認を始めていました。

 

閉鎖環境試験 2日目、

シミュレーション演習がいよいよ始まります。

 

感想

古寺が悩んでいる間、イコさんはずっと料理したり女優のようにシャワーを浴びたり、
通常運転してて安心しました。
支給されたTシャツやシーツなどはトリオン製という設定も驚きです。

どうでもいいですが、2日目の洋服の柄が一日目よりまともな柄になっていました(笑)

いよいよ戦闘シミュレーション演習がはじまります!
続きが楽しみです。

\ 直接読むならこちらから!/