初恋の世界の第60話のネタバレあらすじと感想~5年越しの不倫の結末

初恋の世界60話のネタバレあらすじと感想です。

寿三郎が必死に諭す声も修子には届かず、林田を信じて暴走する修子。

そんな修子のこじらせ不倫もとうとう決着…!?

一歩間違えば立派な犯罪ってくらい、結構な修羅場です。

初恋の世界60話のネタバレありのあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

暴走から妄想へ

 

林田の住む東京に着いた修子。

 

娘さんは大丈夫?

林田の嘘を信じて、体調不良の娘を気遣うフリをする修子。

 

まだ心配だから娘のそばにいるよ。

という返信の後、すかさず妻のSNSをチェックする修子。

 

彼女の投稿によると今日は家族でバレエの公演を観に行くそう。

 

林田に嘘をつかれている。

分かってはいるものの、現実を直視できない修子は妄想の世界に飛びます。

 

愛している

修子ともっと早く出会いたかった

 

妄想の世界では林田の妻も娘もいません。

2人だけの世界で、林田は修子に甘い言葉を囁いていました。

 

 

焦る寿三郎

 

遅れて東京に到着した寿三郎。

林田の妻のSNSから、修子の向かう先を特定。

祈るような気持ちで現場へと急ぎます。

 

 

どうか早まらないで…!

カフェで寿三郎からのメッセージを受け取った修子。

 

変なこと考えないで

寿三郎からの精一杯の警告…も無視。

 

どうせ自分の居場所は分からないだろうからと、気にせず再び妄想に入ります。

 

妄想の世界では、既に2人は少し年老いていて…

これまで2人で幸せに生きてきた、そしてこれからも…的な設定。

現実に戻って~!

 

 

修羅場

 

林田の妻のSNSには結構な身バレ情報が満載。

そのおかげで寿三郎は無事に林田の自宅周辺を突き止めました。

 

一方、林田一家はバレエ鑑賞が終わり帰宅中。

夫から漂う香りに、どこか敏感な妻の様子が気になります…

 

一家がマンションの入り口に入りかけたその時…

後ろから声をかける人がいました。

 

修子です。

寿三郎間に合わなかったー!?

 

 

 

-娘さんの病気はもう大丈夫なの?

 

少し微笑みながら話す修子。

目が笑ってない恐怖…。

妄想の中では、林田が妻を捨てて修子を選ぶ場面が流れています。

 

無視して中へ入ろうとする冷静な妻。

 

この女さえいなければ…!

刃物を構える修子。

 

間一髪のところで…寿三郎登場。

彼が自分を犠牲にしてかばってくれたおかげで、何とか刃物沙汰は避けられました。

 

 

不倫男への制裁

 

寿三郎に抑えつけられながらも、一緒に帰ろうと林田に訴える修子。

愛してない妻と無理して一緒にいる事ないから…!

 

 

この人…誰なの?

 

妻にそう聞かれても、修子とはあくまで他人のフリをする林田。

単なる頭のおかしい人でしょ。

そう言いながら、顔は青ざめ引きつりまくりです。

 

部屋に入り、様子のおかしい林田の横で何かを確信した妻。

おもむろに買ったばかりの柔軟剤をシンクにドボドボ流していきます。

 

 

 

 

…あの人だったのね。

瞬間、更に顔が引きつる林田。

 

妻は林田の不倫に気付いていました。

夫が長期出張から帰ってくる度にいつも同じ柔軟剤の香りがしてたこと。

遊びならと割り切ってたけど、これは許せない。

自分も子供も刺されるかもしれなかったんだから…!

 

妻の怒りが頂点に達しました。

 

許さないし離婚もしない。

自分と娘のために一生を費やしてもらう。

たとえ愛情がなくても。

 

 

消えてしまいそうな修子

 

林田に知らない人と言われた瞬間から、修子を形作る輪郭がおぼろげになってしまいました。

 

林田と過ごした5年間。

それが無かったことにされてしまい、自分の存在も消えてしまいそうになっている修子。

 

私って何なんだろう。

帰りの飛行機の中で、修子は力なく話します。

 

愛なんて無かったのかな

 

終わってしまった恋をまだ引きずっている様子。

そんな修子をもどかしく思いながら、彼女に頭からジャケットをかぶせる寿三郎。

周りからは見えないように、修子にそっと口づけをしました。

 

 

感想

修子の暴走不倫もようやく終了…(かな?)

寿三郎の助けがなかったら彼女は犯罪者になってしまってたかもしれない…そう思うと恐ろしいです。

 

信じてた相手に”全然知らないヤバイ人”と言われて存在が消えてしまいそうになってた修子でしたが、寿三郎のキスでおぼろげになってた輪郭が…

彼のキスが修子を現実へ戻すきっかけになったのだとしたら素敵だなと思いました。

 

あと薫はまだ婦人科検診に行ってないようす…

大丈夫なのか心配です…!(汗)

 

\  直接読むならこちらから! /