※このページにはアフィリエイト広告を利用しています

妖怪学校の先生はじめました109話のネタバレ感想~明治恋愛物語編⑧

妖怪学校の先生はじめました109話のネタバレ感想です。

荊棘さんの許嫁、羅刹家の跡継ぎ。

完璧男子かと思いきや、どうも黒い噂があるようで…!?

真相を探るべく羅刹家に潜入だ~!

そして作戦決行から速攻で大ピンチを迎える晴明一行なのでした。

妖怪学校の先生はじめました109話のネタバレ感想

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

 

 

やみくもに侵入して追っかけられてなきゃいいけど…という入道の心配は見事、的中!

さすがよく分かってる!!

清明一行、早速の大ピンチです。

 

泰中先生の足を止めたのは例の彼、荊棘さんの許嫁。名前を羅刹可畏と言うそうな。

何だか名前までかっこいいですね…。

早速、問題の彼とタイマンです。

 

でも残念ながら力の差は歴然。

そんな状況でも抗う泰中先生。

ここまで必死になるのはただただ純粋に荊棘さんのことが好きだから。

 

出自が名門。

背負ってるものが大きすぎる彼。

そんな彼の気持ちはなかなか理解しがたいんですが…。

彼も泰中先生がここまで頑張る理由を理解できないみたい。

政略結婚を大人しく受け入れるくらいですからね。

もう自分というものを押し殺して生活することに慣れているんでしょうか。

でも、そんな彼にも心がある!?(かも)

そんな一面を一瞬見れたような気がしましたが…。

(いるんだな…誰かいるんだな…相手は誰!?)

 

一方、たかはし先生の屋敷を訪ねてきた荊棘さん。

そんな彼女にあっさり全部話しちゃう玉緒。

ここにもピュア過ぎる人が…(いや妖怪だけれども)

入道と違って後先考えないストレートな性格の玉緒。

でも時として、こういう人の行動や言動が現状を打破するんだな~。

 

幸せになる努力。

この言葉は誰の胸にも刺さるはずっ。

玉緒、いいこと言うなあ。

そして荊棘さんの頑なだった心を動かしたある動画。自分も見てて心がじんわりしました…。

だけど、こてんぱんにやられ過ぎてる泰中先生が心配!

 

一堂に会した渦中の3人。

一体どんな結論を出すのでしょうか!?