おひとり様物語72話のネタバレあらすじと感想~別れたはずの男だけど

おひとり様物語72話のネタバレあらすじと感想です。

今回は3年同棲した彼と別れた律の物語。

別れたのは先月なのに、なぜかまだ彼と暮らす律。

中々出ていかない彼と腹を割って話してみると…?

おひとり様物語72話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

別れたのに居る男

 

先月男と別れた律。

 

8年前に知り合って、3年同棲してた彼と別れたんだけど、スッキリした表情です。

別れた理由はケンカとかじゃなく、生き方が譲れなかったからだそうな…。

そして彼女、自分のアパートに帰宅します。

 

彼と3年暮らした1LDKの小さな部屋。

さぞドアを開けると寂しさがこみ上げるのかと思いきや…。

 

 

まだ彼はいました。

 

早めに帰ったという彼。

ご飯を用意してくれ、

律がお風呂に入ってる間に温めてくれてて、

ほかほかの身体にほかほかのご飯…。

 

 

 

そんで先に食べてなかったみたいで、一緒にもぐもぐごはんタイムをする彼に律は聞きます。

部屋みつからないの?

 

 

探してるけどいい部屋がない!

慌てて説明する彼。

 

彼と自分の事情

 

職場のランチタイム(カフェタイム?)に友人に話を聞いてもらう律。

 

どうやら彼の実家は北海道の酒蔵なんだそう。

まだ学生な弟妹が4人もいるそうな。

彼は長男だから、いずれ実家を継ぐ意思があるようで…。

 

知ってたのにお付き合いして、さらに同棲までしてしまってた律。

彼女は今の仕事が大好き!

東京から離れる気はありません。

 

だから、生き方が違うんですね…。

 

 

そんな話をしながら、改めて彼に出て行ってもらおうと意気込む律なのでした。

だって律は結婚だってしたいんですから。

元カレが同居してたんじゃ次の恋に進めませんっ

 

次にいけない

 

その夜。

雨に降られて帰宅した彼。

自然な足取りでシャワーを浴びようとするところに、律は冷静に声をかけます。

 

 

いつ出て行ってくれるの?

 

 

彼女の表情に流せない雰囲気を感じた彼は、荷物は明日運ぶといって出ていきます。

……が。

この日の雨は大嵐で、ドアを開けただけで玄関までビシャビシャです。

出ていくどころでなく、大急ぎでドアをしめるのでした。

 

 

腹を割る

 

台風の日ってなかなか眠れない。

風の音は凄いし、窓はガタガタ。

何かが当たるのかビシビシいうし、雨の音も激しい…。

 

 

そんな夜。

 

突然、律は可愛くないよね

と話し始めます。

 

 

普段明るいテンポで話せてた2人なんでしょう。

おセンチな律の様子にちょっと驚く彼。

 

 

好きな人より仕事を選んだ、自分を可愛くないと話す律。

 

彼は組み合わせの問題でどっちも悪くない。と律自身を肯定します。

 

ついでに、自分だって家継がずに律と東京で生きるって選択肢もあったんだもん。

……。

彼からそう聞くと、…律はそんな彼は嫌だと言い返し…。

その答えに笑う彼。

朗らかな彼です。

 

 

結局、何が正解かわからんけど

自分が納得できる答えを選んでいくしかなくて、それができる律を好きだという彼。

 

ちょっと涙が出てきます。

だって嫌いで別れたんじゃなかったから。

家に帰って、彼がいて、ほっとしてた自分もいたんです。

 

生き方が重ならなくて別れるしかなかった彼。

今でも好きなのに、この気持ちを捨てないといけないだなんて。

涙と一緒に本音が駄々洩れです。

 

 

ガラッ

彼が律の寝室に入ってきました。

 

 

拒絶する律だけど、その言葉は聞き流せない!

自分をどう思ってるか答えろ!

 

朗らかな彼にしては強い語気。

 

 

そしてそのまま彼の方から気持ちをぶつけられます。

 

どうしたらいいかわからないけど、律と一緒にいたい

 

 

 

 

律も好きだと口にして…。

結局、涙ながらに抱き合う2人。

 

 

 

ーーーーーーーー

朝になりきりっとした顔で身支度する律。

寝てる彼を見ながら『もう少し一緒にじたばたしよう』と腹を括るのでした。

 

 

感想

情とはいかんともしがたいもんですから…。

 

頭では『彼とこの先はない』ってわかってても、どうしても離れられなくて、そんな厄介な情が何にも代えがたい大切な絆(の素)だったりするんですよね。

上手く理想と情が同じ方向に向いてるとストレスフリーなんだけど…。

 

結局律は、この先別れるかもしれないけど、もう少し彼と一緒にいることを選びました。

年齢はその間確実に重ねていくけど、きっとこの時の決断を後悔することはないんでしょうね。

だって自分で決めてるから。

自分で決めるって大事。

幸せな人生に何が大切かって、自分で決めることかもしれない。

だって誰のせいにもできないんだもん。

その分、よく考えた末のことだろうし…。

 

\  直接読むならこちらから! /