Thisコミュニケーション第18話 ネタバレあらすじと感想~死者の考察

Thisコミュニケーション第18話のネタバレあらすじと感想です。

7番目のハントレスを殺害してしまったデルウハ。

『ハントレスなら回復するはず』

そんな彼の思惑は外れ、彼女は生き返りませんでした。

…の続きです。

Thisコミュニケーション第18話のネタバレあらすじ

\ ネタバレ前に読むならこちら!/

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

ハントレスと合流

 

結局、

 

デルウハは7番目を地面に埋めました。

 

ハントレス達が到着し、
予定とは違う場所にいたデルウハに疑問を持ちますが、
トイレに行ったと嘘をつきその場をやり過ごしました。

 

死体から離れるため、高所を目指したデルウハたちでしたが、

さっそく

羽根つきイペリットに見つかってしまいます。

 

苦し紛れのウソをつくデルウハ、
このあとどうなる…?

 

 

埋めたはずの7番目

 

ワイヤーをつけた剣を投げ、
羽根つきイペリットにからまったら、
ワイヤー伝いに砲弾を投げて攻撃する。

 

命中させるのが難しい飛行型には効果的な攻撃方法でした。

 

一匹目を打ち取り、2匹目に狙いを定めていると、
なぜか向きを変えて引き返していきました。

 

撤収するため、
よみが先ほどの剣を巻き取ると…

 

ワイヤーの先には

 

埋めたはずの7番目の少女が

引っかかっていました。

 

 

ハントレスたちが、なぜ山奥に死体があるんだと大騒ぎするなか、
いつかが冷静に切り出します。

 

 

この剣を投げた先は、

先ほどデルウハがトイレに行った場所ではないのか?

 

 

ハントレスが一斉にデルウハを見つめます。

しかしデルウハは冷静にそれっぽい嘘をつきました。

 

よみといちこは素直に受け入れましたが、
他のメンバーからは疑いが晴れません。

 

嘘がばれる

 

チームがギスギスしているさなか、
先ほど引き返した羽根つきイペリットが

 

大勢の仲間を連れて戻ってきました。

 

光る雨のようなものを撃ち落としてきます。

 

さらに強くなってる!

 

すかさずデルウハが指揮を執りますが、
想定外の出来事でチームの士気は下がったままです。

 

デルウハは最前線に出て、わざと敵に背を向けて砲弾を打ち、
命中させながら、ハントレスを見て具体的に指示を出します。

 

デルウハの確かな戦闘力と、
自分たちを認めて指示をする姿を見て、
チームの士気は再び上がりました。

 

信頼を取り戻したことに安堵するデルウハが

3匹目に命中させたとき…

 

ハントレス達は見てしまいました。

 

爆風で襟元がめくれ、
デルウハの首にくっきりとついた

手形を。

 

その手形は人差し指の先がなく、

先ほど見つけた少女の死体(7番目)と同じでした。

 

デルウハが殺したんじゃないのか…?

 

羽根つきイペリットそっちのけで
ふたたびデルウハを問い詰めます。

 

みちがデルウハにつかみかかるのを

よみが止めに入りますが…

 

 

ドン!

 

 

もみ合った勢いで、
デルウハは崖下に突き落とされてしまいました。

 

 

一方そのころ、
すでに神父は上高地の巨大イペリットに接触を始めていました。

 

 

感想

とても単純な事故ですが、今までで一番デルウハは死んだんじゃないかなと思う展開でした。

谷底でデルウハは生きてるようなので、
頂上に残ったハントレスたちがどう切り抜けるかが見ものですね。

 

上高地では神父が巨大イペリットと接触した後、羽根つきイペリット(人型にも見える)を生み出していました。

 

羽根つきイペリットは、巨大イペリットに生物を取り込むことで生まれるのか?
それとも羽根つきイペリットの力を持った人間もどきを生産しているのか?

 

…7番目はやはり人型飛行型イペリットなのでは?
謎が深まるThisコミュニケーション、次回も楽しみです。

 

 

\ 直接読むならこちらから!/