数字で遊ぼの第37話のネタバレあらすじと感想~あたりまえ位相

数字で遊ぼ37話のネタバレあらすじと感想です。

インチキな過去問を売りさばいてるという猫田の容疑も晴れ、院試に向けて勉強会をする5人。

そんな中、世美子はひとりうわの空で…。

今回は【理系女子に響く言葉】に妙に納得でした。

数字で遊ぼ37話のネタバレありのあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

勉強会

 

院試まであと1ケ月強という中、集まって勉強会をする5人。

 

勉強会といっても、それぞれみんなやりたい事をするので自習状態です。

歩きながらブツブツ言ったり、寝転がって本を読んだり。

 

勉強会のメリットは、分からない所があったら誰かに聞ける点ですが…。

この利点を利用出来てるのが自分だけだと気付き、悲しくなる横辺。

 

そして…みんながそれぞれのスタイルで勉強する中、ひとり熱心にスマホで調べものをする世美子の姿がありました。

 

 

世美子の匂わせ

 

勉強会はお開きとなり…。

次回の勉強会は世美子の家でやろうかという話が出ましたが、本人いわく、

 

来週はちょっと…。

祇園祭があるから行けない。

 

何だかワケありそうな、もっとツッこんで聞いてほしそうな、面倒くさい雰囲気を醸し出していますが…特に気にも留めない男性陣。

 

世美子はまふゆをお茶に誘いました。

 

女同士で話があるから。

これまた周りに何かを匂わせています。

 

 

祇園祭

 

週末に再び集まる4人(世美子以外)。

お腹も空いたし、もう今日はお開きにしようかという頃にまふゆが唐突に一言。

 

祇園祭に行きたい。

 

 

えーーっと…

すごい人混みだよ?

 

尻込みする男性陣を意に介さない様子のまふゆ。

何か引けない理由がありそうです。

 

実際、祭りの現場へ行ってみたら…

予想通りの激混み具合でした。

屋台までたどり着けそうにないほどの人混みです。

 

速攻で帰ろうとする男性陣ですが、そんな中まふゆは何かを見つけました!

まふゆの視線の先には…

 

イケメンと待ち合わせをする世美子の姿が…!

 

勉強会欠席の理由はこれか~と納得する男性陣。

これをみんなに見せたかったのかと尋ねられると、そうだけど違う…と歯切れの悪いまふゆ。

そうやら本人も自分の気持ちをうまく言語化出来ないでいる様子。

 

そんなまふゆの様子を、ただ1人の女友達に彼氏が出来て寂しいんだろうと決めつける失礼な北方と猫田でした。

 

 

デート商法

 

再び勉強会で集まる5人。

祇園祭で彼氏といる所を目撃したと伝えると、世美子の恋バナが始まってしまいました。

 

絶賛追い込まれ中の横辺が勉強しようとするも…。ちゃんと聞いて!と世美子に怒られる始末。

 

勉強会なのに、勉強を阻まれる。

世美子の惚気話を聞かされる理不尽な状況です。

 

世美子いわく、彼氏とは鳥居の前で運命的な出会いをしたそうで。

近々ダイビングスクールに申し込み、彼の知り合いの店で指輪を買う予定…。

 

世美子の脳内には既に結婚の二文字があるようです。彼氏がとにかくイケメンなのが一番のポイントみたい。

 

お茶を出すと言って席を外した世美子。

 

 

 

 

…何かおかしいよね?

みんなに確認をとるまふゆ。

 

聞くからにヤバイ話だと青ざめる北方。

猫田がズバリ言ったこれは…

 

 

デート商法。

 

販売員が偶然を装いターゲットに近付き、恋愛感情をエサに高額な商品を買わせるアレです。

 

 

目覚める数学女子

 

世美子の目を覚まさせるべく、デート商法について説明する猫田たち。

ですが、すっかり恋愛モードの世美子の耳には届きません。

 

あの人がそんな詐欺師みたいな事する訳ないわ。

 

 

その彼の素性はどこまで知ってるの?

どこに住んでて、仕事は何をしているの?

 

 

知らん

そんなんでよく結婚まで考えたな。

呆れる男性陣。

 

世美子はムキになりながら、彼がどれだけ素晴らしいか説明します。

若い頃はヤンチャで悪さもしたけど、今は人に尽くそうとしてる良い人なんだ…

 

 

そんなの…

積分すればマイナスじゃないの。

 

まふゆが言い放った言葉を受け、目を見開く世美子。頭から湯気も出ています。

 

今まで何を言われても響かなかったのに、ここであっさり目覚める数学女子。

そして念のため、彼氏本人から話を聞こうとするも音信不通に…。

 

 

それからのこと…

今までの時間を取り戻すかのように勉強に集中する世美子の姿がありました。

般若のような顔つきで勉強中。

 

そして(元?)彼氏をクソ男とはっきり罵り高笑い。目から汗が出てるものの、早くも復活したようです。

 

 

感想

前回に引き続き、今回も詐欺まがいの事件に巻き込まれそうになる5人でした。

理系女子には、「騙されてるよ」と説得するより、数学で説明した方が響くのだなと納得。

そして今回、勉強する中で”当たり前なことの大切さ”に気付いた横辺。

当たり前になってしまったみんなと一緒にいる時間…このまま永遠に続いてほしいです。

 

 

\  直接読むならこちらから! /