コレットは死ぬことにした119話のネタバレあらすじと感想~衝撃の数年後!

コレットは死ぬことにした119話のネタバレあらすじと感想です。

ゼウス様からの提案をお断りし、人として死ぬことを選んだコレット。

この決断をした日を忘れることができなかった。

そう振り返るコレットの数年後の状況に震えます…。

コレットは死ぬことにした119話のネタバレあらすじ

 

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

ポーラ・トルカ・モネ

 

最初のページは見開きで牧歌的な村の風景。

そこを歩く赤ちゃんを抱っこした女性…ポーラです。

子供産んでる~っ!

 

次に出てきたのはトルカ。

すっかり診療所でベテラン薬師になってる彼女もすっかり大人。身長は伸びてしっかり者の美人看護婦さんのようです。

モネもいます。

こちらは癒し系な感じ。

2人いいバランスです。

他にもつい最近一人前になった男の子。

それから見習いの子が2人、作中で出てきました。

診療所としては安泰な雰囲気です。

 

 

 

シイラ

 

場面が変わってシイラが出てきます。

※ハデス様が助けたノムさんとこのシイラ。

 

彼女は花嫁姿です。

みんなに祝福されていました。

ハデス様の行為が無駄になってなくてホッ…。

 

 

遍歴医になったセラ

 

お次は遍歴医になったセラの登場。

トーヤン先生の元を訪ねています。

 

彼がコレットの弟子だと聞いて話が弾んで…。

トーヤンのことをコレットから【遍歴医のベテラン】と聞いていたセラ。

憧れを隠さない彼にトーヤンは嬉しそう!

気の合う男子たちって見ててなんかいい…。

 

 

 

イタンとマリー

 

診療所で洗濯ものを干してる黒髪おさげの女子。

この子、イタンとマリー2人の子供みたい。

見た目低学年くらいかな?

薬師見習の服に身を包んで、コレットの教えに忠実な彼女。

 

元々、両親から話に聞いてたコレット本人に会ったとき、めちゃめちゃ可愛がってもらったそうで、そのとき幼い彼女の心はしっかり鷲掴みにされたようです。

 

わが子を見ながら、まるでコレットの子供みたいだと会話するイタンとマリー。

その流れで最後に見たコレットの姿が浮かびます。

おお。大人びてる。表情は見えないけど。

 

 

知り合いに会いながら旅を続けてるというコレット。

薬師のいない村を見つけて、

薬師を置いて、

弟子を募って、

軌道に乗るまで自分も住み込む。

 

イタンたちともアンノ先生とも違うコレットの生き方

これはこれで薬師の看板を背負ってるものだと、イタンは評するのでした。

 

 

そこで小さな男の子が2人登場~。

イタンとマリー3人の子供がいるのね!

 

 

場面は変わるけど、ランやササラも、薬師をやりながらふと、コレットを思い出してるみたい。

 

 

 

現在のコレット

 

 

冥府にいました。

閨にいて、近くに椅子を寄せたハデス様が見守ってます。

手を繋いでお話してるー。

 

 

昔のことを思い出してたというコレット。

診療所…旅のこと…人として生きると決めた日のこと。

言葉を紡ぐ唇がびっくりするほど荒れてます

かなりおばあちゃんになった姿かと思いきや、ハデス様と触れてる指先はそれほどお年を召してるとは思えません。

 

どうやら死期が近いようです。

し…信じたくない。

 

 

コレットも薬師です。

自分の身体の異変に気付き、調べて対処したけどどれも効き目がなく…。

この世界の医学では解明されていない病に侵されているようです。

マジか…。

 

 

さらに言うと、

悔しい。

諦めたくない。

そんな気持ちも消えてしまってるそうな。

十分闘病した末のようです。

まだ若さが見られる目、なのに目の下がくぼんでしまってる…。

 

 

遍歴医として活動してたおかげで、現世で知り合った人たちは、きっと今もコレットはどこかを旅してると思ってるはず。

彼らを悲しませなくてよかった。

だけど、冥府のみんなには申し訳ない…。

 

本当だ。

ガイコツも、ラダさんたち。カロンもみんな沈んじゃってます。

これは…コレット、いよいよなのかもしれません。

 

 

 

願い事

 

願い事はまだか?

ハデス様が口にします。

家来から始まった【願い事】

コレットはまだお願いしてないみたい。

 

 

コレットが言うには全部却下されたそうです。

これまで彼女がした願い事は…。

 

自分の最期は冥府の布団で迎えたい。

こんなことはハデス様にとっては当たり前で、願い事に入らないそうな。

 

それから、ハデス様が寝込んでるときには、身体をしっかり休めて!って言ってたけど、自分(ハデス)のことを願ってどうする…。

そんなこんなでこれまでコレットの願い事は却下されてきたのだとか。

どのシーンでも想い合ってた2人が見えてなんだか嬉しい。

 

 

話しながら目がうつろになっていくコレット…。

 

 

どんな願いでも叶える

願い事はずっと有効だ。

そんな彼女に強く約束をするハデス様。

 

 

ハデス様の言葉に『死んだ後も考え事ができるならいいな…』

そんなことを考えながら、ゆっくり目を閉じるコレット。

最期にハデスの名を呼びかけて…言葉は途切れました。

 

身体の痛みも感じず

何も見えなくて…。

 

 

 

感想

こここここコレットーーーーーっ!

最後まで残るのは聴覚とは聞くけど…。

痛みを感じない。

何も見えない。

だけど自分の名を呼ぶハデス様の声だけが聞こえるっていう最後のシーンが、人の死に際したときのようで本当に生々しくて…泣けてくる(涙)

 

いやタイトルは確かに「コレットは死ぬことにした」だけども!

死ぬて!

ハデス様との幸せシーンが少なすぎるっ!フンッ(鼻息)

 

あと3話。

最終話まであと3話です。

今回死んでしまったんだけど、あと3話あるんだよね?

主役不在であと3話…。

きっと何かある!

ミラクルな展開に期待してます!

コレットの最期に立ち会ったハデス様のあの余裕そうな表情を見ても、何か期待ができるはずだもの!

 

ポーラが子供産んでて、トルカが美人に成長してて他にもいろいろ変化があったけど、最後コレットの変化以上の驚きはありませんでした…。

\  直接読むならこちらから! /