素敵な彼氏1話あらすじと魅力を紹介

「カレシがほしい!」
小さい頃に思い立った夢を、高校生になってもいまだ叶えられずにいるヒロインののか。
そんなののかが悩んだり立ち止まったりしながら、自分だけの『素敵な彼氏』を見つけるために奮闘する物語です。

このページではそんな「素敵な彼氏」がどんな漫画か、1話のあらすじや魅力を紹介していきます。

素敵な彼氏1話のあらすじ

\ あらすじ /

小桜(こざくら)ののかは、小さい頃に両親に連れていってもらった年末ののカウントダウンのイルミネーション会場で、幸せそうに寄り添うカップルたちを見て、

いつか自分も彼氏と一緒にこのイルミネーションを見たい!

という夢が生まれました。

 

ところが、高校生になれば自然とできると思っていた彼氏はなぜかできないまま、年末を迎えようといています。

周りの友達が自然と恋愛してる姿を見ると、なんで自分だけ…って余計にツラくなっちゃうんですよね。

でも、ののかは必死に彼氏づくりをしようと奮闘します。

友達の企画してくれた合コンに参加し、そこで桐山直也(きりやま なおや)に出会いました。

彼は初対面にも関わらず、会って早々に「彼氏できなさそう」と衝撃の一言を浴びせます。

なんて失礼な!!!

初対面でこんなこと言われたら、ショックだしなんとなく避けてしまうかも。

でもののかは遊園地で再会した桐山となんだかんだ、とことん話し込んじゃうんです。

 

話してみてわかったことは、桐山は辛辣な言葉をかけてくる反面、さり気ない気遣いや優しさを持つ一面もある。

ののかにとっては何を考えているのかサッパリわからない男子でした。

 

一方で桐山の方は、ののかの少し変わったところが気に入った様子。

カウントダウンまでに彼氏を作る!といってるののかの、その日が来るまで近くで見守ることに。

一生に一度でいいから、誰かのひとりだけの女の子になりたい。

そう願うののかの『素敵な彼氏』探しの始まりです。

素敵な彼氏の魅力を紹介~

素直で真っ直ぐなののかの成長

ののかは桐山との出会いによって「彼氏」というものを改めて考え直します。

少しズレた天然キャラですが、周りの意見にはしっかり耳を傾ける、素直な性格が憎めません。

目の前に現れた疑問について、たくさん悩んで考えて、自分の力で答えを見つけていく一生懸命なヒロイン。

とにかく応援したくなります。

桐山のクールでミステリアスな言動に振り回されてしまう姿もいいんですよね。いいコンビです。

丁寧なストーリー展開

ののかが憧れている世のカップル達はどうして「カレシ・カノジョ」になるのか、そんな初歩的なところからしっかり物語が作られていきます。
ヒロインの心の成長がとても細かく丁寧に描かれているので、ストーリー展開にもブレがなく、安心して読み進めることができる作品です。

ヒロインとヒーローの掛け合いも絶妙で、ギャグセンスもばっちり。
でも、大事なシーンもありメリハリがついているのでサクサク楽しく読めます。

さいごに

河原和音さんの作品は、青春のキラキラした気持ちがギュッと詰まった作品ばかりです。
健気で真っ直ぐなヒロインが、恋を通してどんどん素敵に成長する姿が楽しみです!