ラララ最終回のネタバレあらすじと感想~ずっと変わらずいい夫婦。

ラララ最終回のネタバレあらすじと感想です。

なんと、やってきてしまった最終話。

最後は2人の結婚式でフィナーレです。

変わった馴れ初めを持つ2人ですが、なんだかんだいい夫婦で…。

読後は些細な幸せも大事にしよう。と思えるものでした。

 

 

ラララ最終回のネタバレあらすじ

 

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

結婚式

最終回は士朗君と亜衣さんの結婚式になるようです。

 

とはいえ結婚して10年。

どうしてこのタイミングになったかというと…。

 

2人の結婚式の写真みたーい

そんな深羽ちゃんの一言から始まりました。

 

 

 

当然写真はありません。

だって式をしてないもの。

理由を知りたがる深羽に、すぐ別れるつもりだったから。とあっけらかんと答える亜衣さん。

深羽がちゃんと受け入れられるかひやひやしながら見守る士朗。

 

ですがその心配はいらなかったみたい。

さすが亜衣さんが育てた娘です。

自分の考えをしっかり持ったうえで、この変わった両親の馴れ初めを受け入れています。

 

それはそうと、これから結婚式をしよう。

そう両親に提案する娘。

費用も調べて、あれよあれよと結婚式の準備が進むのでした。

 

式当日

 

バージンロードは准と歩くようです。

亜衣さんのドレスがすんごく綺麗っ!

誓いのキスは、悪戯っぽく笑って交わします。

 

嬉しそうな深羽に准。

菊地や雑賀先生も来てくれてました。

菊地には赤ちゃんが。

なんと雑賀先生は離婚したばかりだそうで…。

雑賀先生曰く、結婚生活は片方が素晴らしいだけじゃ続かない

 

…重みのある響きです。

 

いい夫婦

祝いの席なのに、バチバチ火花を散らしてる士朗君と雑賀先生は置いといて。

准と士朗の妹・真由が話してます。

 

話題は式を挙げた亜衣について

普段のお母さん(亜衣)なら面倒がりそうなのに…。

そう口にする准に、真由が以前、亜衣に聞いた話しをしてくれました。

 

きっと、式を挙げない兄嫁を気遣って「結婚式しないの?」とかそんな話をしたんでしょうね。

亜衣は…

愛ならいつでも誓える。

もし式を挙げるなら、相手の存在が自分の人生の一部と思える時にしたいと話してたんだそう…。

 

准は何か合点がいったようです。

ずいぶん前の話とはいえ記憶力のいい亜衣のことです。

それに、いくら深羽が希望してもあの性格だから面倒だと一蹴しても不思議じゃない。

そうしなかったということは…。

 

准(と深羽)から見て、

出会ったころから変わらず、2人はいい夫婦なのです。

 

 

おわりに。

 

結婚式が終わって、のどかな公園のベンチに腰掛ける人の男がいます。

 

桐島士朗37歳。

職業保育士。

なにやらこれまでを回顧しているようです。

 

ここからはセリフはありません。

ただ、士朗君がこれまでをごくごく簡単に振り返りながらベンチに腰掛けてます。

 

思えばこの物語。

突然のリストラから始まって波乱の毎日でした。

だけど、そこそこ年取った今ではいつの間にか普通の毎日で…。

 

大事な人が笑ってたり

天気が良かったり

日常のちょっといいことで、気分が良くなったら。

 

ラララと歌い過ごしたい。

 

でおしまい。

最後のコマは、ベンチに座る士朗君にコーヒーを持ってきた亜衣さん。

一緒に座って、肩を寄せ合って。

のどかで素敵な夫婦の時間で締めくくりとなりました。

 

 

 

 

 

感想

結婚式で大円団。

いいですね~。

思えばしてなかったですもんね。

なんでしてないの?!って深羽に聞かれて、あっけらかんと答える亜衣さん。やっぱり好きだ。

ごまかさない大人。

そして亜衣さんの影響をガンガンに受けて育ってる深羽。

そのまま君の道をひた進め!

 

ラララは今回で最終回ですが、

なんとまだちょっとだけ続くみたい。

 

次回はその後を描いた番外編が掲載されるんだそうな!

『終わりか~…』

って思ってたからちょっと嬉しい。