それでも歩は寄せてくる165話のネタバレ感想~凛の告白①プールサイド

それでも歩は寄せてくる165話のネタバレ感想です。

凜にプールに誘われた歩は、妹できたみたいで嬉しそうです。

しかしタケルの何気ない一言から、歩は今までの凛の行動を振り返ります。

思い当たる節がありました。

朴念仁、ついに凜の気持ちを察するの巻。

 

それでも歩は寄せてくる165話のネタバレ感想

 

 

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

凜の気持ちに気付いた歩。

あれだけ積極的に迫られて今ごろとは。

と言いたいところですが、歩にしてみれば凜は自分の恋を応援していたはず。

まさか自分を好きとは想像していなかったでしょう。

しかし、想われている側としては、昨日と同じようには接するのは無理な話しです。

 

プールサイドに笑顔で登場した凜。

水着は合宿と同じビキニでした。

細い躯体に幼さを感じますが、もう凜を妹みたいに見ることは出来ません。

さすがに意識するはず!

 

今回の歩はボーっとすることが多く、終始悩んでいました。

一見するとプールで楽しく遊ぶシーンでも、その間は悶々と考えごとをしていたのでは。

元々感情の起伏に乏しいキャラだけに、本心が見えにくい歩。

読んでいる方としては、歩が何を考えているか全く分かりません。

だからこそ、歩がどのようにして凜に話を切り出すか興味がわきます。

 

 

歩に凝視されて最初は照れ気味の凜。

しかし、いつもと違うことに気が付き始めました。

歩の手を取り流れるプールに向かう凛の行動は、不安を払拭したい気持ちの表れでしょう。

 

ラストは、その凜に対して待ったをかける歩。

凜と一緒に走ることなく、足を止めて手を離します。

凜も歩が何を聞きたいのか覚悟をしていますね。

いよいよ核心というところで続きとなりました。

 

歩のセンパイに対する想いは揺るがないでしょう。

凛の恋が成就する可能性は120%もありません。

可哀想ですが…

なれば、凛には二つの選択肢が予想されます。

告白しないで胸に秘めたままでいるか。

それもと後悔したくないと告白するか。

次回はドキドキです。