※このページにはアフィリエイト広告を利用しています

怪物事変86話のネタバレ感想~焼木杭

怪物事変86話のネタバレ感想です。

野火丸によって真物の力でよみがえった赤城。

花楓を屋島に引き渡すことに協力してくれるのか。

一方飯生の部下、懐堂は真物の力を使って怪獣を生み出そうと企みます。

 

怪物事変86話のネタバレ感想

 

 

ここからは

ネタバレするよ

 

 

 

 

ようやく花楓が復活&赤城と再会できました。

再会のときの会話はあっさりだったけど、そこが二人らしくもあり。

 

花楓が陽結石と陰結石を飲み込んだおかげで、里では融合がおきませんでした。

その代わり花楓の体は失われてしまったようです。

 

いま復活できたのは、はるが花楓の肉片を集めてくれていたから。

同時に、花楓が希望を失わないように話し相手になってくれたから。

花楓が死に向かわないように、気持ちを言葉に出させていたはる。

そのようすが神秘的というか、死生観のようなものが感じられて新鮮でした。

 

 

はるとの会話で花楓が出した言葉は、悲しいではなく、さみしい。

誰かと一緒にいるのが好きな花楓らしいなと思いました。

 

花楓の回想はそこまでで終わってしまいました。

花楓は、目を覚ましたら3年後のいまだったけど、はるはどうしているのかな。

 

おそらく花楓と同じで肉体はすでにないと思います。

もしまだはるの意識がこの世に残っていて、ヒトガタの姿になっていたとしたら。

今後も夏羽たちに知恵を貸してくれたらうれしいな。

 

ありがとうと言われることが嬉しいと感じるようになった花楓。

是非いつかはるに、ありがとうを伝えてほしい!

 

 

思えば

穏神がいないいま、夏羽たちには知識担当が不在です。

南国で合流したおばあさんがそのポジになるのかな。

 

それよりも身を隠した穏神はどこにいて何をしているんでしょう…。

 

 

そして赤城はというと、

屋島で亡くなってはおらず、野火丸が助け出していました。

飯生の研究している真物を使って。

 

やっぱりあの時のスーツケースには赤城の一部が入っていたみたい。

どうやら真物は生きている体の一部があれば、対象をよみがえらせることができるよう。

でも確実に以前の赤城とはちがっていて、潔癖症がなくなっていました。

よみがえったというか。

真物になったというか。

うーん

 

 

花楓は屋島に引き渡されるそう。

突然のムネアツ展開なのですが、赤城が花楓のために屋島へ謝罪を尽くすなら、シキが口利きをしてくれるとのこと。

 

並大抵の謝罪では屋島に受け入れてもらえないはず。

でも、赤城は花楓と再会するために2億円もだせるんだから、全然問題ないと思ってます!

 

そして今後重要人物になりそうな新キャラ、懐堂が登場。

ショウジョウの怪物で、真物の力をつかって怪獣になりたいらしい。

 

日本を怪獣が守護する国にしたいとのこと。

懐堂が想像している怪獣が明らかにゴジラでした。

海に捨てられた真物の残骸も大きいし、すでに真物怪獣の実験が進んでいるのかもしれません。

 

思想はともかく悪い人に見えないし、協力者の御影との関係性も、なにか深いものがありそうです。

 

あらたな展開に目が離せません。

次回が楽しみです。