※このページにはアフィリエイト広告を利用しています

地縛少年花子くん114話のネタバレ感想~改変其の三

地縛少年花子くん114話のネタバレ感想です。

過去を改変された怪異のいない現在。

だけど寧々にとっては大事な物が欠けたモノクロみたいな世界で…。

何の因果か輝と葵が婚約者同士で焦る蒼井。

こ、これは…過去改変のキャンセル不可避ー!

地縛少年花子くん114話のネタバレ感想

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

 

親同士の許嫁、葵と学園祭デートする輝。

でも何だか、おかしい。

何かと素直に従う葵に違和感が拭えない件。

葵ってこんなキャラでしたっけ…?

毒が無い葵なんて、そんなの葵じゃないよ~!(失礼)

 

思い切って葵本人に確認する輝。

そしたらなるほど、納得の回答。

かなり大人の事情…に表面上は合わせてる2人。

それにしても、自分への気持ちがないことを確認した時の輝のあの笑顔よ…。

これって蒼井への気持ちはちゃんとあるという認識でいいのかな。

それからこの世界線の、子供時代の輝が絶妙に嫌な子で安心(笑)

 

 

更に、この世界での新事実。

あの人が生きてる…。

 

いつどんな場面でも余裕を見せる輝ですが、この時ばかりは何とも言えない表情。

初めてなんじゃないかな、こんな複雑過ぎる顔。

どういう感情なんだろ…。

 

自分の心の中の触られたくない部分、本心みたいな。

そこに触れられそうで嫌~な感じなのかな。

嬉しくないハズはないのに、あの人が生きてる、やったー!

とはならない所が輝らしい。

色々と背負ってる源家長男の顔。

何だか切ない…。

 

光にとっての大事なあの人も、生きてるみたいで何かもう。

嬉しいけど…どうなんだろう。

良いけど良くない、みたいな。(どっち!?)

元の世界線に戻った時のことを思うと余計辛い気がしてしまいます。

 

そんな光が巻き込まれそうな事件発生。

学園で起こる怪事件。

もしかして犯人はやっぱり…!?