※このページにはアフィリエイト広告を利用しています

妖怪学校の先生はじめました113話のネタバレ感想~明治恋愛物語編完結編

妖怪学校の先生はじめました113話のネタバレ感想です。

若かりし頃のたかはし先生を医学の道へ導いた清明。

退魔の力ではなく、教師としてその場をおさめました。

そして現代へ戻る一行。

明治恋愛物語編クライマックス!

妖怪学校の先生はじめました113話のネタバレ感想

 

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

 

何とか場がおさまり一件落着…かと思いきや。

満身創痍の泰中先生と清明。

早く現代に戻って怪我の手当てをしないと~!

 

こういう時の入道は本当にさすがです。

ワチャワチャしてる中でも、冷静に状況判断できる所とか。

仕切ってくれる人って大事…!

先生たちを差し置いてリーダーシップ発揮してくれるしっかり者。

そんな入道のおかげで何とか全滅は免れそう~!

 

同時に冷静になった泰中先生。

この後に起こる展開に気付き、ハッとします。

過去での荊棘さんへの愛の大告白。

…という事は!?

 

いや、だって150年は長い!

長すぎるよ~~(涙)

自分がしたことの残酷さに我に返る泰中先生だけど、反対に荊棘さんは…。

覚悟を決めた人は強いですね。

別れ際の荊棘さんの表情よかったな。

 

そして再び秋雨の力で無事に現代へ戻った一行。

みんなを待ち構えてたかのようにその場に現れたのは、大人のたかはし先生でした。

もしかしたら…と念のため待機してたそうな。

あれ、たかはし先生あんなやりとりがあったからか、以前より人格者になってませんか…?

まともになってませんかー!?

という心配は無用でした。

ちゃんとサイコパスだった。

期待を裏切らない人です(笑)

 

そして問題の羅刹可畏の現代は…。

 

そう来ましたか。

彼なりに生きがいを感じられる職を見つけ、プライベートも充実してるそうな。

清明が過去で導いたのはたかはし先生だったけど…。

羅刹可畏は泰中先生に導かれてたみたい。

素敵な150年後になってる件。

現代で見せた彼のあの笑顔はホンモノですもの。

 

そして150年の時を超えて再会した泰中先生と荊棘さん。

2人の出会いにこんな胸熱なストーリーが隠されてたなんて。

もう壮大過ぎて、切な過ぎて。

150年は長すぎて(涙)

明治恋愛物語編はずっと泣かされっぱなしでした~!!