ダイヤのAact2の269話ネタバレあらすじと感想~先人

ダイヤのAact2の269話ネタバレあらすじと感想です。

毎回ランナーを背負いながらも要所を締める降谷。対する成宮は尻上がりに調子を上げてきます。

球速は150㎞を記録して、次々と青道打線を連続三振に仕留めていきます。

同じ投手として降谷と沢村は、成宮が今までとは違う雰囲気を纏っていることに気付きます。

ダイヤのAact2の269話ネタバレあらすじ

 

 

為す術なし

 

3回表の青道はツーアウトランナーなし。

バッターは初回にヒットを放った倉持です。

これは期待できますね~。

 

セーフティーバントの構えで揺さぶる倉持。

成宮のボールはアウトコースに外れてボール続く2球目はフォークボールで落としてきました。

 

バットが空を切る倉持は、変化球にしては結構なスピードだと実感します。

 

マウンドでは上から目線の成宮。

対する倉持はやや気圧されているようです。

気の強いオラオラの倉持も成宮のプレッシャーを肌で感じています。

何というかヘビに睨まれたカエル?

 

カウント1-1からの3球目。

今度はインコースのストレートです。

成宮のピッチングに呆然とする沢村。

気負っている訳でもなく、冷めている訳でもないと、成宮の様子が掴めません。

 

甘い球が来るまで粘るつもりの倉持でしたが、最後はアウトコースの真っ直ぐに空振り!

 

成宮はこの回を3者連続三振で終えるのでした。

 

決勝戦という強豪校同士の対決でこの内容。

もはやレべチの成宮です。

 

 

自分を表現する

 

これぞ世代最強

俺たちのキングが乗ってきた!

稲実側は盛り上がります。

 

ベンチに引き上げる多田野は冷静に増強を分析します。

多田野のニヤニヤが止まりません。

 

回転効率の上昇など目に見える説得力のほかに、成宮は数字では計り知れないものを備えています。

1年の秋から名門稲実エースナンバーを背負ってきた、成宮しか分からない孤独。

 

それは“エースとしての歩み”です。

まるで成宮鳴そのものをぶつけられている。

そんな感覚に降谷と沢村は驚きを隠しきれませんでした。

 

青道は沢村と降谷が互いに高め合ってきましたが、成宮は孤高の存在ゆえに一人。

成長の過程もまるで対照的です。

 

 

流れは渡さない

 

カットボールのほかに、ストレートも昨年より進化。変化球を活かすのも、そのストレートの威力があってこそ。

しかも成宮はチェンジアップを1球も投じていないのです。

イヤな流れを感じる御幸です。

 

しかし、沢村はこの事態を上等だと気合が入りまくり。

 

これこそ自分たちが目標にしてきた男だと、倒し甲斐があると破顔一笑です。

こういう嫌な雰囲気をプラスに変えるのは、沢村の長所ですね~。

 

沢村のエールに背中を押されて守備につく青道ナイン。

今度は降谷が躍動します。

 

本日最速の156㎞!

 

成宮に感化されたと感じる御幸。

負けん気の強い降谷の実力120%発揮!

普段は表情が乏しい降谷ですが、グラウンドでは非常に分かりやすい性格です。

 

果たしてこれが良い方に転ぶでしょうか。

 

 

感想

淡々とピッチングを続ける成宮。

一見静かにみえて球威は増すばかりです。

冷めた目線は倉持たちなど眼中にないようにも感じました。

次の青道は4番の御幸まで打順が回って来きます。

成宮が連続奪三振の記録をさらに伸ばすのでしょうか?

それとも御幸が打って待ったをかけるのでしょうか?

次の打席が楽しみです。