青のミブロ38話のネタバレ感想~RIVER

青のミブロの38話ネタバレ感想です。

土方と直純の殴り合いに姿を現した彩芽。

そこに沖田たちも遅れて参上します。

一触即発の中、今宵は双方が引くことでケリがつきました。

一方、におは家茂を二条城に届けて気絶。

その後の容態が気になります。

青のミブロ38話のネタバレ感想

 

 

 

ここからは

ネタバレ するよ!

 

 

前半は夢か現(うつつ)かの曖昧な雰囲気

一瞬、影丸が夢の人物かと勘違いしました。

偉い人にはお約束の影武者が登場です。

 

見てくれが将軍に似ているとのことですが、ちょ~っと待った!

いやいやいや

全く似ていませんがな

幕府は本気で将軍を守る気があるのか、マジで心配になりますよ。

 

におに深々と頭を下げる影丸。

もちろん菊千代を守り抜いてくれたお礼もあるでしょう。

また、将軍暗殺が未遂となり、影武者の満目が潰れずに済んだ感謝もあるのかな。

髪の毛ふさぁ。

武田鉄矢を思い出したのは気のせい?

何ともミステリアスな存在です。

 

ともあれ無事で何よりの家茂公。

しかし攘夷決行が既に決定済など、将軍なのに政治から蚊帳の外なのが悲しい。。。

もっとも話を進めた“帝”こと孝明天皇は、家茂にとっては義理のお兄さん

これでは異を唱えるなど無理ゲーかも。

そんな窮屈な生活だからこそ、家茂は年齢の近いにおとの会話が楽しいのでしょう。

『バタンキュー』なんて

久しぶりに聞きましたよ~

ほっこりします。

 

ラストシーンは乗馬に興奮するにお。

目をキラキラさせて…

これから激動する幕末の様を目の当たりにしても、澄んだ瞳のままでいて欲しいです。

 

 

におの夢でチョロチョロ流れた小さな川。

これは時代の節目かと、におは予感していました。

川のこちら側は江戸時代で、向こう側は明治時代。

確かにそんな解釈もできるかもしれません。

今回のタイトルは“RIVER”です。

おそらくは、今後もにおの夢で出てくる伏線ではないでしょうか。

夢を見る度に大きな激流として姿を変えていく。

そんな展開を予想します。