ネタバレあらすじ

マリエルクララックの婚約30話のネタバレあらすじと感想~マリッジブルーなんて目じゃないほどの大事件!

マリエルクララックの婚約30話のネタバレあらすじと感想です。

春の陽気とともに近づいてくるマリエルの結婚式。

式が近づくにつれ、彼に近づく女性が気になるのはマリッジブルー?

でも今回はマリッジブルーというには大きすぎる出来事が待っているのでした!

前回を手軽に読み返すなら

ゼロサムオンラインがおすすめ!

無料&登録なしで数話読むことができますよ~。

…というか一迅社さん、無料が過ぎます。素敵過ぎます。

よっ太っ腹っ!

 

マリエルクララックの婚約30話のネタバレあらすじ

 

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

マリエルの心配事

 

2人の結婚式が着々と近づく中、シメオンの家に向かうマリエル。

式の準備を一緒にする予定のようです。

 

そこですれ違った一台の馬車。

……。

ご機嫌だったマリエルの表情が一瞬にしてなくなります。

シメオンの家の方角から出てきたその馬車に乗っていた人は、ローズです。

 

シメオンの家についたマリエルがその話題をふると、たしかにローズは彼のところにいたようです。

ローズは急用で来ていた

そう言いながら、シメオン自身も出かける準備をしています。

彼も急用ができたのだそうな。

 

今日はマリエルと一緒に式の準備をする予定だったのに…。

複雑な気持ちです。

自分の気持ちに自分でも戸惑ってしまうマリエルでした。

 

マリエルの心配事2

 

日は変わって、

正装してるマリエルとシメオン。

この春一番乗りで開かれた伯爵家の披露宴に参加しています。

 

 

シメオンが近衛騎士の副団長と聞いて色めき立つ花嫁さん。(花嫁さんなのにっ!)

そんなことより、マリエルが気になるのはローズのことです。

この結婚の縁を聞いてみると、ローズがこの場にいてもおかしくない宴とわかりました。

わかった途端、マリエルはシメオンに情報収集をしたいので離れたいと訴えるのでした。

ローズと女同士で話したいからか、シメオンと一緒にいるローズを見たくないと思ったからか…。

 

 

メガネをかけて気配を消してるマリエル。

そうしてるとフランシスが彼女を見つけました。

彼にローズが来ているか訊ねると、見かけないとのこと。

思わずホッ…

 

花のように着飾ったたくさんの令嬢に囲まれてるシメオンを見てもなんとも思いません。

ただ一人、ローズが彼に近づくことにひどく警戒してることに自分でも気づくのでした。

 

 

それはそうと、

たくさんの令嬢に<優良物件>として囲まれていたシメオン。

マリエル、フランシスと合流すると虫よけとばかりにマリエルをがっちり肩に抱きます。

 

 

そして偶然、その場に厭味ったらしく立ちふさがる軍服を着た男性が登場~。

カストネル大佐です。

 

彼の服は海軍の軍服。

シメオンに近衛の服は着ないのか。

今日くらいはいじめないから、せいぜい楽しんでおくようになどと言って消えていきました。

 

 

せいぜい楽しんでおくように

この言葉と、フランシスの怯えたような表情。

マリエル目線ですごく気になる描写です。

 

 

軍の話、国の話

 

場所は変わって、

シメオン、マリエル、フランシスの3人がお茶をしています。

厭味ったらしいカストネル大佐にマリエルが興奮を隠せないでいると…。そこから話は先日の密入国者の検挙について流れていき。

あの日の詳細をシメオンに軽く問い詰められるマリエル。

 

慌てて説明しながら、どうして密入国なんてしたのか!

説明に困った彼女が、検挙される南方人に話の矛先を向けた途端…

ガシャン!

 

フランシスが音を立ててカップを置くのでした。

鎮まる2人。

 

 

……。

密入国をしてる南方の国はまだまだ貧しく、外資を稼ぐ方がいいと考えるのも納得いく状況。

静かに、シメオンが近隣国の現状をマリエルに説明します。

話しを聞いて、

自分の発言を素直に恥じるマリエル。

 

そして

2人を見てお似合いだと評するフランシス。

なぜかとても影のある表情をしています。

 

シメオンは話しをフランシスに向け、会話を深め次第に2人は笑顔になっていくのでした。

 

 

フランシスの影

帰りの馬車の中で、シメオンはマリエルに打ち明け話をします。

フランシスの話です。

 

 

どこからか耳にするかもしれないし…。

そう言って話して聞かせてくれたのは、彼が先ほど大きな音を立ててカップを置いたわけを説明するものでした。

フランシスの母親はガンディア人(南方人)。

彼はラグランジュの血が濃かったけども、妹は南方の特徴がはっきりと出ていたそうで、そんな妹を守っていたフランシス。

子供の頃とても苦労したようです。

 

シメオンとは親族を通してつながりがあったものの、小さい頃からたびたび見た彼の傷ついた顔が印象が残っているんだそう。

身分は違えど仲良くしたかった。

だけど彼からはどう思われていたか…

 

話しながら気弱な一面を見せたシメオン。

マリエルはその姿をとても愛おしく感じるのでした。

お互いに支え合うように並ぶ2人の後ろ姿が素敵…っ。

熟年夫婦のよう…。←賛美してます(汗

 

 

 

後日、マリエルは兄から恐ろしい話を耳にします。

あのシメオンが背任容疑で拘束されたとな。

 

 

 

 

 

感想

気になる女はローズ1人だけ。

なのにそのローズさんが、なぜかシメオンの自宅に来ていて、その後シメオンも急用だといって出て行って。

……気になる。

気になる気になる。

好きだからこそ気になるのは当然ですことよ!

 

披露宴でもローズにだけ警戒してて…。マリエルもやもやしてますね~。

すっきりしたいですね~。

背任容疑で拘束されたシメオン様ですが、こうなればカストネル大佐の捨て台詞が生きてきましたね。

なにかやったな。あの狸。

ジブリ系の悪役中ボスっぽいあの狸。

 

きっとシメオン様のことだからスッキリきっぱり疑いは晴れるとは思うけども、モヤモヤしてる中で新しいやきもきが出てきて…結婚式までに落ち着くことはできるんでしょうか。

次回センターカラーだそうです。

楽しみっ!

-ネタバレあらすじ
-, , ,

© 2021 ドロップ Powered by AFFINGER5