兄の嫁と暮らしています100話のネタバレあらすじと感想~お姉ちゃんやめない?

兄の嫁と暮らしています100話のネタバレあらすじと感想です。

ー一緒に苦しんでよー

やっと口にできた。

でも言ってよかったのか。

葛藤を抱える本音をこぼした希が志乃を押し倒してから…の続きです。

 

兄の嫁と暮らしています100話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

我に返って取り乱す希。

一緒に苦しんでよ

この言葉をなかったことにしてほしそう…。

 

 

 

そうか…。

謝る希を見て志乃の中で、何か腑に落ちたようです。

 

 

 

 

<一人の女として見てやって>

前にリツコがいってた言葉。

希はずっと、自分のお姉ちゃんで居ようとしてずっと我慢してきたんだ。

 

 

 

ガバッ

すっかりなかった空気にしようとする希に、一気に詰め寄る志乃。

 

いいよ という返事。

これは思ってることと一緒の意味だよ

改めて、さっきの続きを始めます。

 

そして、両手を握り、お姉ちゃんをやめないか提案します。

 

 

その話はもうやめよう…。

困った表情の希。

 

いうのが苦手ならそれでもいいけど、口にしないと沈んでくのはわかってる!と伝える志乃。

ずっと黒いドロドロに苦しんでる希。

まさに沈んでしまいそうだったんです…。

 

 

大志の訃報を受けてから

ずっとまともではいられなかったはずの自分。

それでも仕事もやめず、ぎりぎりの状態ででも生活をやっていけてるのは、自分が志乃のお姉ちゃんだから

 

自分を奮い立たせる大切な立ち位置です。

その<お姉ちゃん>をやめてと言われると困る。

 

焦った様子の希に、志乃は彼女を両手で抱きしめながら…

ただ、たくさん守ってくれた希に何か一つでもお返しがしたい。

なんでも聞くし

一緒に苦しむよ

 

 

そこまで言ってくれる志乃に、狼狽する希。

気持ちの準備ができてないみたいです。

 

一番話を聞いてもらいたかった。

きっと唯一の理解者。

いってる…。

 

 

 

だけど、全て話すと関係は壊れてしまうかもしれない。

 

とりあえず、話しがしやすいように灯りを消し、手をつないで横になる2人。

 

 

希は志乃と初めて一緒に寝た夜と同じセリフを口にするのでした。

 

 

 

 

感想

ずっと黒いドロドロを持て余してきた希。

唯一の理解者になれる志乃は、彼女のドロドロが吐き出されるのを待ってます。

話しやすいように灯りを消して

ぐしゃぐしゃな顔面を気にする希のために横に並んで寝そべって

手を握って。

 

大切な人を亡くすのは悲しいけど、志乃がいて本当に良かった。

読んでてもそう思います。