ワールドトリガー211話のネタバレあらすじと感想~遠征選抜試験9

ワールドトリガー211話のネタバレあらすじと感想です。

この試験の意図を述べる特別課題が終わりました。

運営本部からの評価が高かったのが本試験のデータを今後のボーダー育成に活用するためと答えた染井と王子でした。

最終的な成績順位のトップは水上隊、最下位は諏訪隊となり、各隊が今後の改善策を話し合います。

ワールドトリガー211話のネタバレあらすじ

 

\ ネタバレ前に読むならこちら!/

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

下位チームの反応

 

初日の成績が、全チーム中最下位だったと報告する諏訪。

屈辱の結果にいら立つ葉子。

 

なんとかこらえ、原因が三雲のトリオン切れにあるなら

明日以降気をつければ挽回できると発言します。

 

 

成績が11チーム中9位だった歌川隊では、

ボーナス15万円を狙う漆間が空閑を責めていました。

 

質問のし過ぎで志岐の手を止めた。

空閑のせいで課題がなかなか進まないのが原因だというのです。

 

 

言い合いを気にして小さくなる志岐をフォローするように

歌川が声を掛けます。

 

 

明日からは空閑は歌川に質問すること。

虎太郎は引き続き志岐に質問すること。

 

 

その場を前向きに収めた歌川でしたが、

内心では空閑のネイバー育ちの件を事前に把握すべきだったと後悔します。

歌川の気遣いで丸く収まった感じです

 

 

ヒュースの意見

 

下から2番目の若村隊では、自チームの順位のほかに、

他チームの順位についても話し合っていました。

 

 

笹森が、ヒュースのチームメイトの部隊は

全て成績下位だと心配されると

ヒュースは的確に原因を予想していきます。

 

【自チーム】

自分と空閑は戦闘試験で挽回できるから、

現時点で下位でも問題がない。

 

 

【三雲のチーム】

三雲のトリオン切れが原因。

チームの協力体制ができれば上位を目指せる。

 

 

結果、実質の最下位は自分たちであると指摘するのでした。

 

 

その原因は、ヒュースの課題と補助役の真織に遅れが出ているためです。

そこでヒュースは、共通課題の遅れを取り戻す方法を提案します。

 

 

残りの共通課題を、メンバーごとの得意分野で等分し、それぞれの回答をメモに残しておく。

 

 

そのメモを見ながらそれぞれがPCに打ち込んで解答すれば、頭を使って解くのは4分の1で残りの4分の3は書き写す作業で済むというものです。

 

 

 

監視カメラがあるし、カンニングでは…?

自分たち個人の能力を図るための試験の意味がなくなるのでは?

 

 

そんな心配に対してヒュースは…。

遠征中なら状況に応じて、たとえ特殊な手段だとしても

より効果的な解決法が必要になるはずだと諭します。

 

 

実際、運営側も試験開始前は

遠征艇の中にいるつもりで7日間過ごせと通達がありました。

 

 

メンバーは隊長である若村の判断を仰ぎますが、

隊長慣れしていない若村は

解答は明日の朝に決定させてくれと及び腰でした。

はっきりものを言うヒュースですが、どれも的確です!

 

古寺の違和感

成績上位チームである二宮隊、柿崎隊、古寺隊は、和やかに夕食の支度をはじめていました。

 

そんな中。

成績表を見つめていた古寺。

ある違和感を覚えます。

 

そして携帯をとりだし通話を始めた相手は、成績最下位である諏訪だったのです。

 

 

感想

成績順を各班が確認するだけの回でしたが、いろんな発見がありました。
まずは葉子がキレ散らかすことなく、冷静に現状を受け止められたこと。
そしてコミュニケーションに問題があるのではと思われた漆間ですが、意外と志岐や虎太郎に気遣いができていること。

そして若村の決断力の低さですが…。

現段階では隊長経験がないので仕方ないですかね。

お米を持参しちゃうチカちゃんは、いつも通り過ぎて安心しました(笑)

古寺の感じた違和感は何なのでしょうか。次回も楽しみです!

\ 直接読むならこちらから!/