ネタバレあらすじ

ワールドトリガー204話のネタバレあらすじと感想~遠征選抜試験2花いちもんめ

前回は、遠征選抜試験の説明会でした。

長期間の試験になること、シャッフルチームで行うこと発表され場内騒然です。

さらに試験対象者は、上位でないチームの隊員も含まれていて多くの対象者がいます。

今回は、その中でのお楽しみシャッフルターイム(前半)です。

ワールドトリガー204話のネタバレあらすじ

 

ここからはネタバレするよ!

臨時隊長の発表

隊員たちが見守る中、忍田は選抜試験の臨時隊長11人の名を読み上げます。

臨時隊長11名

  • 歌川 遼
  • 王子 一彰
  • 柿崎 国治
  • 北添 尋
  • 来馬 辰也
  • 古寺 章平
  • 諏訪 洸太郎
  • 二ノ宮 匡貴
  • 水上 敏志
  • 村上 鋼
  • 若村 麓郎

 

次にオペレーターの指名です。

そのなかで、宇佐美と橘高、人見の3名は、運営補助として参加することとなり、シャッフルチームには配属されませんでした。

 

 

チーム分け

 

残された隊員たちは、第一から第三プールに組み分けされます。

プールから一名ずつ、隊長がチームに入れたい隊員を指名していくスタイルです。

 

指名する順番はくじ引き。

…一番最後の11番目を引いてしまったのは若村で、『誰があまりものとして自分のチームに来るのか…』気が気ではありません。

 

選ばれる側になった隊員たちも複雑な気持ちです。

一番最後まで残ってしまった別役は、公開処刑だ!と嘆いていました。

 

悲喜こもごもありながらも進んだチーム分け。

途中ではありますが、すでに各隊長の戦略が見えはじめています。

 

 

今回の長期戦闘試験では、トリオンの消費量が多さがネックに…。

そのため、特にスナイパーはトリオン消費量が多くなるため、各隊長は嫌煙していたのでした。

 

 

選ぶ順番が後半になってくると、チームのバランスを考える必要も。

 

諏訪は10番目のくじを引きましたが、すでに自チームにはスナイパーの隠岐がいたため、別役と修の二人のうち修を自チームに選んだのでした。

 

 

修、遊馬、チカ、それぞれのチーム

各隊長、隊員さまざまな思惑が交錯するなか、第2プールまでのチーム分けが終了しました。

 

ここまでで、修、遊馬、チカが入るチームが決定しています。

 

ーーーーーーーーーーーー

修は、諏訪隊長、隠岐、【宇井オペレーター】

遊馬は、歌川、漆間、【志岐オペレーター】

チカは、二ノ宮隊長、東、【加賀美オペレーター】

ーーーーーーーーーーーー

 

玉狛第二チームの中で、残すはヒュースだけとなりました。

次回、最後の第3プールのチーム分けがはじまります。

 

 

感想

今回はずっと花いちもんめ状態(笑)

 

個人的には臨時隊長に柿崎と若村が選ばれたことが興味深かったです。

香取の気の強さでかすんでしまいがちだけど、若村はきちんと周りを見ているので、計算高い戦闘ができるのではと思います。

そして修と組みたがっていたのもポイントですよね。

二人はタイプが似ているのかもしれません。

 

柿崎はなんといっても人情に篤い男なので、クセのある影浦とどこかたよりない別役をどうまとめていくかが楽しみです。

 

そして村上が熊谷を指名したのも、グッときました。

お互い負けられない状況で最後の一秒まで戦った、河川敷でのバトルが思い起こされます…!

 

残る第3プールには、ヒュースのほかに、木虎、絵馬、帯島、犬飼、香取、弓場など注目の隊員も含まれています。

シャッフルチームが決まる次回、目が離せません!

-ネタバレあらすじ
-

© 2021 ドロップ Powered by AFFINGER5