執事黒星は傅かない30話のネタバレあらすじと感想~スティーヴンとの時間

執事黒星は傅かない30話のネタバレあらすじと感想をお届けします。

イギリスで黒星との再会を果たした紫。

今回はスティーヴンの仕事に同行します。

仕事といっても優雅な時間を一緒に過ごし、理解を深めた2人。

距離がぐっと近づきます。

執事・黒星は傅かない30話のネタバレあらすじ

ここからは

ネタバレするよ!

スティーヴンのお仕事

スティーヴンの仕事に付き合うことになった紫。

 

のんびりと車にのって着いたのは立派なホテル。そのままブランチをごちそうになることに…

 

あれ?

お仕事は?

紫の疑問にスティーヴンが軽く笑います。

 

これが仕事。

スティーヴンの家が経営するホテルの視察が仕事だったのです。素敵な仕事です~。

 

 

このホテル。

見た感じから、とても古い建物でカントリーハウスというそう。

貴族の富と権力の象徴なんだとか。

ただし時代が変わり戦争もあり、維持できなくなった貴族が出てきて……。

 

そんな貴族の委託を受けて、領地や建物を借りて運用しているのがウィンターソン家なんだそう。

 

貴族たちの歴史やスティーヴンの家が歴史を繋いでいる背景を聞いて、興奮気味の紫。

 

花冠のお祝い

その後もホテルの視察が続きます。

あるホテルでスティーヴンは建屋の工事の件で呼ばれ、紫はひとりに。

 

ちょっと離れたところで真剣な面差しのスティーヴンをみた紫は、彼に花冠を用意しました。

 

それというのも先日のパーティーは彼の誕生日だったのに手ぶらだったから。

今日のお礼と仕事ぶりをたたえて、ささやかなプレゼントです。

 

驚いた顔をするスティーヴンでしたが、その反応は微妙そうです…。

 

貴族の義務

 

そのままスティーヴンの意向で庭を散歩することになりました。

 

話はカントリーハウスの維持について。

 

ウィンターソンの家で借り上げた領地や建物ですが、彼の家にはほとんど利益のないため、親族がいい顔をしません。なので邸宅以外はすべてボランティア団体に譲渡したそうです。

この庭の管理もボランティアがしているんだそう。

 

利益を生まないのに、カントリーハウスの維持をしているのは貴族の義務という考えがあるから。

もともとの持ち主だった人も、その末裔もウィンターソン家を信じて貸し出しています

 

その信頼のために邁進しなければ…そう語るスティーヴン。

 

嬉しいプレゼント

 

そんな殊勝な考えは父の代まで。

はははっ

せっかくいい話だったのに?!

ただ父親が亡くなって、夢中で先祖の意思を継いだだけ。僕は花冠が似合うような、紫に褒めてもらえるような人間じゃないんです。

彼の後ろ姿は1人で傷ついてるように見えます。

 

紫はその背中に、改めて立派な人だと声を掛けます。

 

仕事の考え方も、取り組む姿勢も立派です。

私もスティーヴンのような当主になりたい。

 

西園寺家を継ぐと考えてることを突っ込まれ赤面する紫。

スティーブンの仕事に対する姿勢をみていて、自分も勉強しなければと改めて思ったようです。

そんな彼女の姿にスティーヴンも、自身の過去を思い出しました。

 

 

もう一度、花冠をのせてと頼むスティーヴン。

今度は笑顔でしっかり受け取ります。

 

ふと、そのまま見つめ合い

紫の手を取り

2人のお顔はどんどん近づいて…。

 

あれ?

キスする?

ってタイミングで2人同時に着信が。

 

黒星です。

早く帰ってこないと

晩御飯抜きよ!

…的なお母さんを思わせるメールが2人に届くのでした。

 

 

 

 

感想

 

盗聴器でも取り付けてるのかなってタイミングでの黒星からのメール。

…でもその着信がなければキスしてたよね。ってくらめちゃくちゃ距離詰めてましたー。

 

あの距離まで近づかれたらさすがにキスを意識しますが…お嬢様は違うのでしょうか。庶民の安直で愚かな考えなのでしょうか。

なんにせよ、黒星さん。

ナイスセーブ!です。