竜騎士のお気に入り18話のネタバレあらすじと感想~竜の祝福

竜騎士のお気に入り18話のネタバレあらすじと感想です。

前回ヒューバードに助けられ、屋敷に運ばれたメリッサは、事の真相をヒューバードの母から教えてもらいました。

その流れで、メリッサが白の女王と初めて会ったときの話になったのですが、記憶にある話が事実とは違うようで…。

今回は竜の祝福のお話しです。

竜騎士のお気に入り18話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

ここからは

ネタバレするよ!

白の女王との初対面

メリッサの記憶では、白の女王と初めて会ったとき、たしか父と一緒だった。

だけどおかしい。

竜のお世話をする人や竜騎士(元)でもない限り、竜舎には入れないのでメリッサ父も入れないはずです。

初めて白の女王と対面したとき、一緒にいたのはヒューバードだったのです。

そしてその時に、白の女王はキレイな声を聞かせてくれました。

なんとそれが”竜の祝福”といわれるもので、人間がそれを受けるときの多くは結婚式のときになります。

エレノアの話しでは、ヒューバードの家に嫁ぐ女性はみな”竜の祝福”を受け、子供を授かるのだとか。しかも竜はそれを一度しか認めない…。

メリッサとの初対面で”竜の祝福”を授けた白の女王

このときメリッサはまだ5歳でした。

プロポーズ

その白の女王からの”竜の祝福”について、申し訳なさそうにするヒューバード。

メリッサは彼の気持ちを考えると複雑な気持ちになります。

ヒューバードにとっても迷惑な話だったの??

込み入った話になるので、ヒューバードの母は席を外します。

退席する母から「じれったい」と突っ込まれたヒューバートは、かなり直接的に打ち明けてくれます。

流石に祝福を受けたときは無理だと思った。※メリッサが5歳だったから

もしメリッサが他に好きな人ができたら、白を説得しようと思ってた。

でも

メリッサが成人して城を出ると聞いたとき、自分の知らない相手と一緒になるメリッサを考えると居ても立っても居られなくなった。だから家に連れて帰ったという。

メリッサの就職先の斡旋はかなり強引でしたね

メリッサが求める条件は想像がついたけど、すぐに関係が帰られると思わなかったので、恋人のフリをしてもらうことにしたそうな。

そんな話をしながら、エレノアの反応をうかがったヒューバードは、思いを寄せてたのは自分だけかと思ってたけど、ちょっとは期待してもいいのかな?と前置きしてからプロポーズをするのでした。

きゃーっ!

空からの景色

崖で身体をぶつけて満身創痍だった体も、次第に良くなってきました。

朝の挨拶をしてくれる白の女王も穏やかな返事を返してくれます。しばらく前の焦ったような返答ばかりだったころはメリッサの身を案じてくれてたのでしょう。

窓辺に立ってるメリッサに「まだ病み上がりなんだから…」と声をかけるヒューバード。随分体調が良くなったと連絡がきたので屋敷まで迎えに来てくれたのだそう。メリッサの顔が輝きます。

さらに移動手段が最高で、白に乗っけてくれるんだそう!

竜の背中は馬車より揺れず、乗り心地もいい…。

白の背中に乗り感激しているメリッサに、これからもいつでも乗せるからと約束してくれるヒューバード。

2人の初めてのキスは白の女王の背中に乗りながら、になるのでした。

[/st-slidebox] [/st-midasibox]

感想

白の女王と初めて会ったとき、実はヒューバードと一緒だったんですね!

幼い頃の2人がまた可愛い!

初対面で”竜の祝福”を授けられるなんて。

まるで竜公認の許嫁ですね。

これまでも見え見えだった、ヒューバードの溺愛の気配がこれからむき出しになってきそう。イケメンの溺愛ぶりが今から楽しみです。