王の獣30話ネタバレあらすじと感想~姉弟の再会

王の獣30話ネタバレあらすじと感想です。

後宮で噂されてる、誰も知らない妃。

それこそが蘇月ではないか。

璃琳がもたらしたその話をもとに、内挺へと潜入することになる藍月。

命がけの作戦が決行されます。

王の獣30話ネタバレあらすじ

 

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

後宮で隠された存在

 

皇女・璃琳が知りうる情報を語ってくれました。

 

皇帝が頻繁に通う妃がいる。

目立った寵愛を受けてるにもかかわらず、誰かははっきりしない…。となると意図的に隠された存在としか考えられない。

それが蘇月だろうという話です。

 

場所はハッキリわからないけど

おそらく蘇月は内挺にいる

 

ここまで

第三皇子も含め天耀、太博と聞いていた藍月は、自分が探しに行きたいと天耀に願い出るのでした。

…璃琳に、身支度を手伝ってもらうことになりました。

 

藍月の罪

小さい頃を思い出してる藍月。

姉と引き離されて従獣になり、ただ怯えていた中で出会った天耀は本当に優しかった。

 

温かくて、心地よくて。

従獣はやめたい。

姉に会いたい。

この気持ちは余計に言い出せなったそうな。

 

…彼の側は離れがたかったから。

かなり小さい頃から天耀を慕ってた藍月。

 

未熟な従獣だから、わがままは言えない。

そんな言い訳をして…。

なんなら、彼が璃琳(皇女様)より自分を特別に扱ってくれるのが嬉しくて。

何年も、姉のことは先延ばしにして過ごしていたんです。

 

 

一方蘇月は…

 

2人の蘇月に見守られてる蘇月(?!)

 

ふと痛みを感じて起きようとします。

慌てて止めるもう一人の蘇月。

 

 

目が覚めると、血だまりに倒れていました。

そして途端に襲ってくる痛み。

それも猛烈なものです。

痛みで叫んでしまうほどに。

 

肝はもらったぞ。

臓物を片手に慣れた様子で声をかける亜人。

 

 

<替われ!>

蘇月の中で、声がします。

……。

目つきが変わると同時に雰囲気まで変わりました。

口の中の血を吐き出し、自分の臓器を手にした亜人に悪態ともとれる軽口をたたきます。

 

態度の悪い蘇月に、悪い知らせです。

その亜人によると、陛下の身体は悪くなるばかりだそうな。

 

蘇月から取り出したばかりの臓器に目をやりながら、いろいろ試したけど成果がないと口にします。

焦っている陛下が他の手段を探しているそうな。

 

 

蘇月の双子の姉、藍月。

彼女には本当に力がないのか、疑問が沸いている。

同時に、藍月が皇宮にいることを知らされ、蘇月の表情に恐れや焦りの色が広がります。

 

 

藍月に手を出さないで!

 

その様子にどこか満足そうな亜人。

会いたくないか?

蘇月にささやきます。

 

 

藍月の女装?

 

蘇月奪還の作戦は次の通りです。

天耀が陛下へ謁見を申し込み、外挺に留め。

璃琳付きの侍女として、藍月を内挺に潜り込ませる。

 

 

太博と天耀が話し合ってる間に、藍月の女装(?)が完成しました。

 

この格好で大丈夫か不安そうな藍月に、

好き。

そう答える天耀(笑)

頭では『大丈夫だよ』と答えたつもりが、つい本音が出てしまったようで。2人赤面タイムです///

1人空気を読まない様子の璃琳を太博がお茶に誘い、しばらく藍月と天耀の2人にさせます。

グッジョブ太博様!

 

2人きりになった天耀は何度もかわいいを連呼。テンション高めです。

すっごいドキドキするんだそう///

 

普段見られない姿だから余計にぐっとくるそうで、戸惑う藍月と彼女の可愛さに参ってしまってる天耀なのでした。

 

……。

とはいえ、今回の行為は相当危険なものです。

もし失敗すれば全員、命がない。

 

1人だけの命ならまだしも、天耀や太博の命すら危険にさらす行為…。

考えると冷汗が…。

それに手も震えてきました。

 

そんな彼女を無言で包み込む天耀。

…ここに帰ってこよう。

藍月を前向きな気持ちにさせるのでした。

 

いざ内挺へ!

門は難なく潜り抜けました。

 

璃琳からの追加情報はかなり少ないけど、身軽な藍月は塀を駆け上がり進んでいきます。

そして、鼻をかすめた血の匂いをたどって進むと…

そこには自分と同じ目をした亜人・蘇月がいたのでした。

ついに再会です。

 

 

 

 

感想

藍月の女装。

天耀様に大うけでした!

 

えっ好き。て///

もっと甘い時間を過ごしてほしかったけど、命を懸ける直前だもの。

幾分言葉少なめになるのは致し方あるまいて…。←寂しい。

 

無事帰ってきたらこの続きをしてほしいーっ。

天耀様が甘えてるの見るのが大好きですっ

 

…蘇月を連れ戻してからですね。

亜人に「藍月に会いたくないか」と耳打ちされてた蘇月。

素直にこの場を動いてくれるでしょうか。

何もなく、一緒にこの場を去ることができますように…。