NとSの25話ネタバレあらすじと感想~新菜のもくろみと小田先生の勘違い

平井君の助言によって、密かに小田先生を想う新菜は先生も自分と同じ気持ちを持ってるかもしれないと希望を持ちます。

一方小田先生の方では、新菜と平井がいい感じになってると勘違いしていて…。

複雑なNとSたちが交錯してきました。

NとSの25話ネタバレありのあらすじ

↑直接読むなら画像をタップ↑
ここからはネタバレするよ!

 

新菜のもくろみ

新菜の幸せを見届けるまで、自分は次の恋愛をするつもりはない。

小田先生の言葉と、脚本をみてもらうために会う時間をもらえるという環境にニヤニヤが止まらない新菜。

小田先生も気楽に接してくれるので嬉しい限りです。

ただ、それは修学旅行の時に新菜が「好きな人ができました」と伝えたからかもしれません。

その架空の好きな人との仲がうまくいってると思われると、小田先生が次の恋に進むかもしれない!その危機を回避するため新菜は、架空の好きな人とはうまくいかなかったという話をすることに。

てっきり新菜のお相手が平井君だと勘違いしてる小田先生は、どう断られたのかなど掘り下げて質問します。そこまで細かい設定を考えてなかった新菜はしどろもどろながら、告白したけどお断りされたと伝えるのでした。

加速する先生の勘違い

新菜から”相手に恋愛対象として見られてなかった”と聞き、それならまだ望みがあります!と彼女を励ます小田先生。すっかり新菜の恋愛を全力応援する構図になってしまっています。

小田先生の中では、良いところをいっぱい持った新菜が振られるなんて理解できない様子。ましてや相手は平井君。どうして木下さんが断られるんだ!と動揺が高じてついこんなに可愛い木下さんを振るなんて!!!と本人の前でぶっちゃけます。

あまりに前向きに新菜の恋を応援してくれる先生に、『早く自分に片付いてもらいたいのかな…』と思い始めてた新菜だったけど、またしても調子に乗るのでした。

欲しがる新菜

新菜が振られるなんておかしいといわんばかりの小田先生に、イマイチ自分に自信が持てないので「ちなみに私のどんなところを好きになりました?」と聞いてみます。

 

小田先生は新菜が振られたと聞いてよっぽど動揺したのか、素直に教えてくれました。

優しくて、コーヒーを淹れるのがうまくて…

欲しがられるがままに新菜の好ましいポイントを挙げていく小田先生。内面も外見もすべて肯定したうえで、とどめに過去形とはいえ告白とも受け取れる言葉を贈り、彼女を勇気づけます。

お付き合いしてるときからどこか冷静だった小田先生に、ドストレートに褒められ夢中だったといわれ…かなりときめいてしまうのでした。そんなこと言われて、次の恋なんていけませんよぉ…っ!

きゅーん

鋭い平井君

クリスマスも近づいた寒い日、漫画の作業のため新菜のカフェに来た小田先生。なんでも風邪が流行ってるみたいで他のお客さんはいません。ついでに店長もいません←カゼ

ー今日はがっつり居座れそうー

静かなカフェに喜ぶ小田先生と、先生が長くいてくれるかも!と内心ウキウキの新菜。

そこに平井君が出勤します。店長の代わりに急遽バイトに入ることになったのだそう。

新菜の好きな人は平井君だと勘違いしてる小田先生は、長くいられそうだといってたのに、急用ができたといって帰ってしまいます

これまでのこと、今日のことに違和感を感じた平井君は、もしかして小田先生は新菜の好きな人を自分(平井君)だと思ってるんじゃない?新菜に伝えるのでした。

 

 

感想

↑直接読むなら画像をタップ↑
さすがエスパー平井。

新菜が鈍いのかもだけど、かみ合ってるようでイマイチかみ合ってない原因をズバリ突きます。案外、渦中にいる人間には気づきづらく、周りの方がピンとくるもんなんですよね。

それにしても小田先生…。求められたら応える男よ。

ここまで自分のどこを好きになったかを事細かに教えられたら、自信付きまくります!

それに嫌い合って別れたわけでないんだから、過去形にしてもそこまでいわれてしまうともう、キューンっ!まだ彼のことが好きだったら次になんていけません!

作品紹介
NとSのあらすじと登場人物~金田一蓮十郎先生のあったか可愛いラブコメ

ヒロインの新菜が高校生になり初めてできた彼氏は、バイト先で知り合った小田朔(おだ さく)さん。交際も順調だったある日、新菜の通う高校へ先生として赴任してきて…。 突如、先生×生徒の禁断の関係に ...

続きを見る