Comic ZERO-SUM

マリエルクララックの婚約22話のネタバレあらすじと感想~ミシェルの出生と事故

2020年9月号のコミックゼロサムより

マリエル・クララックの婚約第22話のあらすじと感想をお届けします。

あらすじの”ネタバレ”するところは、非表示にしています。

読んでもOK!って方は「+読んでもOK」をクリックしてくださいね。

マリエルクララックの婚約22話のあらすじ

ネタバレは(できるだけ)なしだよ

前回のお話しの中で、マリエルとシメオンはラブラブのうちに終わっていきましたが、その裏で悲惨な出来事を予感させるシーンがありました。

ミシェルの名前を叫ぶ声がして…

今回はその不吉な事件が起きてしまいます。

22話ネタバレありのあらすじ

ここからはネタバレするよ!

↓マリエル・クララックの婚約22話は2020年9月号のコミックゼロサムに掲載中↓

ネタバレ含む感想はこちらから

+読んでOKなら押してね

ホカホカのマリエル

昨夜のシメオンとの甘い時間を思い出し、思春期特有の発作をたびたび起こしてしまうマリエル。

シメオンの指示があったのか部屋も朝から温められ、お世話してくれる人も用意されていて身も心もホカホカなのでした。

そこを鋭い悲鳴が響き渡ります。

ミシェルの事故

敷地内にある氷の張った池にミシェルが落ちたというのです。

その話が本当なら、流れのある池なので絶望的な状況です。

侍女・アガタによると、風に飛ばされたショールを追いかけてしまった結果の事故なのだそう。ミシェルの父から叱責を受けながら、必死の様子で説明します。

なんでもいいからミシェルを助けろ!というモンタニエ侯爵(ミシェル父)。ですが助けに行こうにも、日が差して氷が薄くなってきている池に足を踏み入れるのは大変危険です。誰もいけません。

侯爵はミシェルの身を案じているのでなく、縁談による王室との縁が心配な様子。そのことがありありと読み取れる狼狽ぶりが見事に無様です。

殿下はショックを隠せない顔でしたが、ミシェルの父がアガタに折檻する寸前に止めに入りました。

ー誰のせいでもないー

もう休む。王子殿下はミシェル父にも休むように言葉をかけ、王子の言葉を受けそれぞれがその場から引き上げます。

保身のため必死になってるミシェル父。王子にミシェルがいなくなっても我が家をよろしくと縋りつき、チャルディーニ伯爵(リュタン)にも、口添えをしてもらえるようにすがるのですが、どうにも取りつく島はなさそうです。

マリエルはシメオンに付き添われ、部屋に戻るのでした。

ミシェルの出生

ショックで動揺しきりのマリエルでしたが、部屋に戻る途中ふと気が付きます。シメオンは今回仕事で来ているのです。彼が殿下をほっておくわけにいきません。

マリエルにとってもミシェルはもっと仲良くしたい友人でしたが、殿下にとってはやっと見つけた婚約者だったのです。

殿下のそばに行ってほしいといわれシメオンは、勝手に動かないと自ら約束するマリエルに後で必ず顔を見に来ると約束し離れました。

一人になったマリエルは部屋に戻る途中、カミーユの話し声が耳に入ります

母上は内心喜んでるんじゃないか?憎い女の子供が死んだんだから

耳を疑う内容ですが、夫人はミシェルの実母ではないようです。

そう思えば納得できる話がいくつも浮かんできます。

そこからはマリエルの妄想力がいかんなく発揮され、ある筋書きができてくるのでした。

マリエルの考察

カミーユの言葉から、ミシェルが夫人の子でないのは明らかです。

一国の王子に求婚されているミシェルは、モンタニエ家の本妻の子ではありません。このことを隠したままでは王室に対して重大な嘘をついている状態となります。すると、この事故はその嘘に対する罪悪感に堪えかねての自殺だったのでしょうか…。

彼女の性格を振り返りながら、あれこれ考えたマリエルは一つの仮説にたどり着きます。

ミシェルは死んでないのではないか。

ちょうどマリエルのもとに戻ったシメオンにそのことを相談すると、シメオンも同意見でした。

彼の目線でもこの事故に違和感があったのだそう。

もし自らの意思で失踪するため、事故に装ったのならもうこの屋敷に戻ってくる気も、結婚する気もないのでしょう。探さないでいるのが彼女の為では?

シメオンはそう思うようですが、マリエルは違います。こんな悲しい話で終わらせたくないのです。殿下にもちゃんと生きてることを知って、ご縁がなかったとわかったほうが気持ちの整理がつきやすいはず。なにより今度は”誰かの婚約者”でなく、ミシェル個人と仲良くなりたいと思うのです。

意見は違えど、マリエルの意思を汲んでくれたシメオンの胸を借りながら、彼女の無事を祈るマリエルなのでした。

感想

ミシェルーっ

氷の張ってる池に落ちたらヤバいよ。

水の流れがあるならまず助からん。そういってた翌日に落ちたってそんなことある?

マリエルやシメオンが思うように、今回の事故は理解しにくいですよね。

個人的には王子の様子にも違和感ありありです。

あんなに”やっと巡り合えた感”をびしびし出しておいて、「誰のせいではない」なんて言ってそそくさと自室に戻りますか?

王子の権限で指示すればもっと何かできるでしょ。

何も手を打たずに休むだなんて。

そして休むことをモンタニエ侯爵(ミシェル父)にも勧めるなんて。殿下にすすめられれば侯爵もこれ以上何もできなくなりますよ。そして婚約者の王子だけでなく父である侯爵がもう休むとあれば、誰もこの件で動くことができなくなりますよね。

こうなれば、事故のあった前夜。ミシェルと密会していたのは殿下なのでは?

密会の内容は事故についての打ち合わせ。

……でもモンタニエ家を出たミシェルの身の振りはどうするのか…。そこはわかりませんー。

それはそうと、マリエルが生きてるのでは?と思い至ってくれてよかった。

事故の後のミシェル父の動揺ぶりは、一周回ってすがすがしいほど卑しかったのだけど、その中で殿下が何も手を打たずにこの件から手を引くことに、異常な寂しさを感じてました。殿下だけは彼女のことを真摯に考えてほしかったのだもの。

どうか殿下がミシェルの協力者の一人でありますようにー!

↓マリエル・クララックの婚約22話は2020年9月号のコミックゼロサムに掲載中↓

-Comic ZERO-SUM
-

© 2021 ドロップ Powered by AFFINGER5