マリエルクララックの婚約22話のネタバレあらすじと感想~ミシェルの出生と事故

2020年9月号のコミックゼロサムより

マリエル・クララックの婚約第22話のあらすじと感想をお届けします。

あらすじの”ネタバレ”するところは、非表示にしています。

読んでもOK!って方は「+読んでもOK」をクリックしてくださいね。

マリエルクララックの婚約22話のあらすじ

ネタバレは(できるだけ)なしだよ

前回のお話しの中で、マリエルとシメオンはラブラブのうちに終わっていきましたが、その裏で悲惨な出来事を予感させるシーンがありました。

ミシェルの名前を叫ぶ声がして…

今回はその不吉な事件が起きてしまいます。

22話ネタバレありのあらすじ

ここからはネタバレするよ!

↓マリエル・クララックの婚約22話は2020年9月号のコミックゼロサムに掲載中↓

ネタバレ含む感想はこちらから

感想

ミシェルーっ

氷の張ってる池に落ちたらヤバいよ。

水の流れがあるならまず助からん。そういってた翌日に落ちたってそんなことある?

マリエルやシメオンが思うように、今回の事故は理解しにくいですよね。

個人的には王子の様子にも違和感ありありです。

あんなに”やっと巡り合えた感”をびしびし出しておいて、「誰のせいではない」なんて言ってそそくさと自室に戻りますか?

王子の権限で指示すればもっと何かできるでしょ。

何も手を打たずに休むだなんて。

そして休むことをモンタニエ侯爵(ミシェル父)にも勧めるなんて。殿下にすすめられれば侯爵もこれ以上何もできなくなりますよ。そして婚約者の王子だけでなく父である侯爵がもう休むとあれば、誰もこの件で動くことができなくなりますよね。

こうなれば、事故のあった前夜。ミシェルと密会していたのは殿下なのでは?

密会の内容は事故についての打ち合わせ。

……でもモンタニエ家を出たミシェルの身の振りはどうするのか…。そこはわかりませんー。

それはそうと、マリエルが生きてるのでは?と思い至ってくれてよかった。

事故の後のミシェル父の動揺ぶりは、一周回ってすがすがしいほど卑しかったのだけど、その中で殿下が何も手を打たずにこの件から手を引くことに、異常な寂しさを感じてました。殿下だけは彼女のことを真摯に考えてほしかったのだもの。

どうか殿下がミシェルの協力者の一人でありますようにー!

↓マリエル・クララックの婚約22話は2020年9月号のコミックゼロサムに掲載中↓