ジャンプ

モリキング16話のネタバレあらすじと感想~王の対談

モリキング第16話 「カブトムシvsオオスズメバチ」のあらすじと感想をお届けします。

ことあるごとにモリキングに戦いを挑むオオスズメバチの愛王。

しかし悲しいかな、愛王の攻撃はモリキングに効くどころか、少しも気づいていない様子です。

「愛王と一緒に普通に遊びたい」という、勝子の言葉を聞いたモリキングは愛王と対談する事になりますが...

モリキング16話のネタバレありのあらすじ

ここからはネタバレするよ!

ネタバレ含む感想はこちらから

+読んでOKなら押してね

バトルガール愛王

オオスズメバチの愛王は、友人の勝子にモリキングの弱点を聞き出そうとしながら、戦いに挑んでは負けてを繰り返す日々。

彼女が勝てる気配はありません。

それどころか、モリキングは自分のファンだと思って敵だとも認識していないようです。

勝子は明るくてまっすぐな愛王をだんだん好きになっていて、できればケンカなしで王香ちゃんのように一緒に遊びたいと望んでいました。

その話を聞いたモリキングは勝子の虫思いな心に感動し、同じ王として愛王に話をすると決意するのでした。

↑ちょっと勘違いも入ってるけど…

王の対談

勝子と一緒にいる愛王が、前を歩く無防備なモリキングを見つけお尻の針で強襲をかけます!

がこれは失敗し、服に刺さった程度でした。

それだけでなく、今度は愛王がモリキングに捕まってしまいました。

連れられた先は家の庭。

モリキングはすぐさまテーブルとお茶を用意し、愛王を椅子に縛りつけて座らせると、王の対談が始まります。

王候補も揃った現在では、モリキングと王器が同じ強さ、次いで愛王と王香ちゃんがいて、彼女たちは同じ強さ。もっというなら王香ちゃんは既に棄権していますが、カマキリである王香ちゃんにとって蝶である王器は捕食対象となります。

画像引用元:「森林王者モリキング」長谷川智広/集英社/週刊少年ジャンプ

王器危機一髪

モリキングは重要なのは強さだけではない、王に相応しい者はなんだと思うかと愛王に問いかけるのでした。

王に相応しい者

愛王は王に相応しいのはやっぱり、1番強い虫!と答えます。

だけどモリキングは同意しません。

より多くの民を救い導く者こそが真の王だと言うモリキング。

それを聞いた愛王は思わず言葉に詰まってしまいます。

そのとき、突然警報音が鳴り出します。

なんのアラートかというと、困っている人をすぐに救出できるようにとモリキングが設置したネットワークです。

最後にモリキングは、愛王が『生き様』を見つけた時、本気で相手をすると言いました。

翌日愛王はその言葉の意味を考えますが、よく分からりません。

何となくモリキングとは戦う気になれなかったので、今日は3人でゲーセンに行こうと誘うのでした。

きっと共に歩むことが、愛王の王の在り方なのかもしれません。

感想

愛王の攻撃を攻撃と思わず、むしろファンだと思ってたとはさすがモリキングです。

そして王香ちゃんが戦っているところは見た事ないですが、確かに王器は蝶なので捕食対象でしたね!王香ちゃんが棄権していて本当良かったと思います。

勝子はどんどん虫たちと仲良くなっていきますが、人間の友達はちゃんといるのでしょうか?何気に気になってきました。

↓モリキング各話のあらすじについてはこちらをどうぞ!↓

各話あらすじ
モリキング最新話のネタバレあらすじと感想

モリキング最新話のあらすじです。 ネタバレOK!な方は各記事の「+読んでOKなら押してね!」からどうぞ! 一番上から順に新しい話数があります。 ー目次ーモリキング最新話のネタバレ最新話16話のネタバレ ...

続きを見る

↓モリキングの作品紹介記事はこちら↓

作品紹介
森林王者モリキングのあらすじと魅力紹介~日常と非日常の間にあるシュールギャグ

森林王者モリキング(作:長谷川智弘)は人間の姿に変態したカブトムシが、昆虫の王になるため訪れた人間社会で騒動を繰り広げるギャグファンタジーです。 ー目次ー森林王者モリキングのあらすじ森林王者モリキング ...

続きを見る

-ジャンプ
-

© 2021 ドロップ Powered by AFFINGER5