モジコイネネコイ42話のネタバレあらすじと感想~ねね子のターン北海道であの人と!

モジコイネネコイ42話のネタバレあらすじと感想です。

毎回視点の変わるモジコイネネコイ。

今回はねね子のターン。

終のことで頭いっぱいだったけど、そういえば取材先の北海道にはあの人がいたね?

モジコイネネコイ42話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

北海道に上陸したねね子。

取材もスムーズに進み…。

翌日のコスメ工場を見学するのみとなりました。

 

夜まで自由行動。

フリーになったねね子は取材内容をまとめるために、ひとりカフェへ寄ることに…。

 

 

通りが見えるカウンターを陣取りノーパソを開けるねね子。

 

取材内容をまとめながらぐるぐる、あることが巡ってます。

 

この町のどこかにいる美月さんのこと。

あの時は終がいたから、連絡先を消したけど…。

 

 

 

 

G解散するかも

そんなことを考えてると、近くの席から話し声が聞こえてきました。

 

なんでもYahooニュースにあがってるそうな!

彼らの仕事は白紙状態…。

 

ねね子はあの日見た終の姿を思い出します。

 

凄く痩せてて、

頬が腫れてて、

いつもと違って弱気だった終。

 

思わず心配してしまうんだけど、いやいや関係ないし!

ねね子頭をブンブンふってる(笑)

頭ではわかってるけど気持ちというか情はね。中々すっきり清算できないよ…。

 

 

そんなねね子の動揺を見てたかのように、タイミングよくスマホがバイブします。

相手は終。

 

一度でいいから会って

 

どうしよう…。

混乱した頭で思わず涙ぐむねね子。

 

 

 

ふと外を見ると…。

 

美月くんです。

彼が通りを歩いてます

 

 

 

何を考えるでなく、急いで片付けて外へ駆け出すねね子。

でも通りに出るともう姿が見えなくて、

 

でも絶対いた。

 

 

 

彼の名前を大声で呼び、うずくまります。

 

 

 

 

…タ…タ…タタ

ねね子の頭の上から声が降ってきて。

彼がいました。

 

 

どうしてここへ?

至極まっとうな疑問を口にしながら、しゃがんでるねね子に手を差し伸べてくれて…。

 

あの時したエア握手が思い出されます。

そして、必ず会いましょうって言葉も。

 

 

しばらく呆然としてた2人だけど、美月さんふと思い出しました。

連絡とらないって言われたのに!

 

 

逆向きにダッシュしようとする美月を引き留めるねね子。

話したい!

 

 

 

 

街路樹の近くで腰を落ち着けた2人。

とりあえず、

 

元気?順調?と確認し合います。

 

美月さんは普通に何もない日々らしい。

普通がイチバン(笑)

そしてねね子は…。

 

 

涙がボロボロ。

こぼれてきました。

 

感想

 

ほっかいどうはでっかいどう(笑)

結構人がいるのに、美月を見つけたねね子。

ってか、北海道ついてすぐから彼を思い出してたみたい。ニヤニヤ

 

ぱっと見ただけで確信持って名前叫べるって相当ですよ。

すごくすごく特別な存在。

ザ漫画な展開だけど、漫画だもの。楽しい方がいい!

ねね子は終とのことを相談するのかな~。

 

ちょっとちょっと。

今ってみやびの方も若宮さんの前で泣いちゃったとこで終わってない?(笑)

ひゃーっ

次回どっちの視点でもドキドキ。

 

\  直接読むならこちらから! /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)