モジコイネネコイ27話のネタバレあらすじと感想~ねね子のさよならとみやびのはじめまして?

モジコイネネコイ27話のネタバレあらすじをお届けします。

美月とは今後連絡を取らないと決めたねね子。

今話は、最初で最後になる彼とのzoomタイムの続きから始まります。

みやびのほうでは、テレビの向こうにいる初と連絡を取り合ってるのが夢のようで…。

モジコイネネコイ27話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

ここからはネタバレするよ!

 

さよなら

ねね子と美月のzoomタイムの続きから。

 

飲み物を持ってきた二人。

唐突に好きな人がいるか聞かれ、わずかに噴き出す美月。

 

 

顔面真っ赤にしながら、いると思うと答える28歳男性。

だけど、迷惑かもしれないから考えないようにしているのだそうな…

 

話しながら落ち込んでる自分に戸惑う美月。

元気づけるねね子。

 

これからも応援するから、困ったら連絡して!

…そういったねね子。連絡するのはこれで最後…思い出して顔を曇らせます。

 

 

そろそろ終わろうか。

美月は画面の向こうから手を差し出します。

エア握手を交わしつつ、2人は最後のお別れをするのでした。

 

ブンッと落ちる画面がやけに寂しく、美月さんとのこれまでのやり取りが思い出されます。寂しい。だけど間違っていない。自分で自分に言い聞かせる

 

ねね子でした

 

 

 

みやびの戸惑い

 

翌朝。

思いっきり朝食をこぼしているみやび。

 

テレビに出てる初を見て、現実が受け入れられません。

バツイチ、子持ち、ローンもある36歳の女がこんな有名なバンドマンと????

 

 

夢なのかな?

そう思いながら出勤していると、彼から連絡が…。

テレビ見てたよ~と返信すると、今終わったとのこと。(生放送だったのね)

 

ー今度東京に帰れるから会おうよ。ー

 

そんな内容でした。

 

 

リオット商事の若宮さま

 

ーあんなモテそうな男がみやびに一途なわけないと思うんだけど大丈夫?ー

沢村さん…みやびの痛いところを的確に突いてくれます…。げふ…。大丈夫?っていいながらモリで脇腹さしとるがな…。女って怖い…。

彼女の口撃をかわしていると、お客様登場です。

 

 

最近取引が始まったリオット商事の若宮さまです。

毎回、若くて美人な沢村さんでなく、自分に取次ぎをお願いする奇特なお方。きっと目が悪いんだわ…。そう思いながら取り次ぎます。

 

ーーーーーーーーーーー

沢村さんが所用で席を外したタイミングで、若宮さんがみやびに声を掛けます。

会社同士の懇親会に受付であるみやびにも参加してもらいたいそうで…。

みやびは取り急ぎ会社用の連絡先をお渡しします。

 

 

若宮さま、誰かに似てる

みやびはお風呂に入りながら振り返るのでした。

 

 

誰かにすごく似てる

懇親会当日。

同じ受付の沢村さんは好条件が参加する合コンに向かう様子。目がギラついています。

仕方ないので先にみやびだけ、約束の時間に向かいます。

 

 

予約されているのはムダにおしゃれな店(byみやびw)

初くんと来たかったな…なんて思ってると、誘ってくれた若宮さんが猛ダッシュでやってきました。仕事がおしたようで肩で息をしています。

 

さぁ、お店へはいりましょうか。

その言葉と同時に彼の鞄がすっかり開いてしまって、中身がズサァアアー。すべて出てしまいました。

 

 

こうなれば落ち込みながら謝る若宮さん。

拾うのを手伝いながら、彼の意外性について楽しそうに笑うみやび。

 

そういうところ、好きです

不意にまっすぐ告げる彼の顔をみて、思い出しました。

 

毎朝通学の時に乗っていたバスの時間。

そのころの彼の髪型。

いつも小説を読んでた。

あの彼だ。

 

 

みやびの黒歴史(?)が蓋を開けます。

 

 

 

感想

 

前半のねね子。

もう連絡しないと決めた美月さんとの通信が切れたときの、絶望にのまれた顔。

 

女の子がこういうシーンで

こうするのが正解なんだ。

これでよかったんだ。

 

そう自分に言い聞かせる時点で、自分の気持ちと反してるんじゃないかな~。

欲望って無理に蓋をするとかえって膨らむよね~。

膨らんじゃえ

膨らんじゃえ

そして素直になっちゃえ!

そんなことを思う外野なのでした。だって女の子に絶望は似合わん。

 

 

みやびの戸惑いはかわいかったーっ!

自分に好意を向けてくれる若いメンズがテレビに出てる!

自分おばさんなのに、っていうみやびに「ヤメロ」って怒る初もいいねいいね!

は~。漫画の中とはいえ夢があって素敵なお時間。

結構なお点前でした。