ミステリと言う勿れ14.5話のネタバレあらすじと感想~気がつけば潮目

ミステリと言う勿れ14.5話のネタバレあらすじと感想です。

赤玉の謎解き終了後…。

人生初のバレンタインデーを経験する整とライカの2人。

整のことを誰より理解してるように見えるライカ。

そんな彼女のもとに、整のもう1人の理解者が訪ねてきました…。

ミステリと言う勿れ14.5話のネタバレありのあらすじ

 

\  最新刊、直接読む? /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

 

 

ここからは

ネタバレするよ

 

 

特別な人

 

病院の敷地内。

大きな木の前で佇むライカに近寄る1人の男性の姿…。

 

我路です。

 

 

整が特別好きな相手というのに興味津々の我路。ただ見るだけのつもりで近付いたようですが…。

思いがけずライカに正体を言い当てられ驚く我路。

 

ライカと我路。

お互い整に対して好意的な気持ちを持つ2人。

時にはその洞察力に嫉妬してしまうほど。

整に惹かれる気持ちが分かる者同士…。

当の本人が不在でもスムーズに会話を進めます。

傍目には、とてもはじめましてな2人とは思えない構図です。

 

どこまで事件のことを知ってるのか確認する我路。

自分の予想以上にライカが詳しく事情を知ってるのに驚きます。

例の指輪のことも。

 

 

無関係じゃない

 

指輪に関しては、金庫に預けるような感覚で整に送っていたそうな。

ついでに整の意見も聞きたかったようです。

 

星座モチーフの指輪、ピアス、ペンダント、ネクタイピン…。

これまで整が関わった事件の関係者の名前とあわせて、星座の付いたアクセサリーの情報を我路に提供するライカ。

そして整と我路自身が持ってる情報のすりあわせをするよう勧めました。

 

ライカの印象からして…。

指輪の案件は整に無関係でないとも伝えました。

 

整のことを危うい印象だと言うライカ。

いつか整がヨレヨレになる日が来たら手紙を渡してほしいと頼みました。

未来の整への手紙です。

今は無理だけどその時が来たら知らせると伝える我路。

 

そして我路にも同じ印象を持ってると伝えました。

気を付けろと警告をするライカ。

 

 

病院は大隣署の管轄内です。

甲矢がまわした迎えの車に飛び乗り、逃げるようにその場をあとにする我路でした。

 

 

 

鳴子の新規患者

 

甲矢からライカの印象を聞かれ只者ではないと言う我路。

 

そして引き続き鳴子巽について調べている3人。

我路と甲矢のもとに乙矢から電話です。

我路が手に入れた鳴子の新規患者のデータに、気になる人の名前があったとの報告。

その名前は…。

 

 

狩集汐路。

 

いつか整が解決に導いた事件の関係者です。

我路と汐路はよく知った仲。

彼女に整を紹介したのも我路でした。

 

汐路の名前が鳴子の患者データにある…!?

不穏な状況に我路は動揺します。

汐路まで危険に晒すわけにはいきません。

 

とは言え鳴子の家の天井裏に潜り込み続けるのも危険な行為。

これで最後にするからと、再び鳴子の留守中に侵入を試みる我路でした。

 

 

 

 

何度目かの違和感

 

いつも通り、鳴子の家に侵入する我路。

だけど…何か違和感を感じます。

 

 

 

初めて見る踏み台の存在。

壁にかかる絵画も変わってるような…。

……。

 

 

 

 

天井裏に潜りこんでからも違和感が引っ掛かる我路。

帰宅してからの鳴子の行動にも珍しい点が目につきます。

そうしてようやく危険を察知した我路ですが…、時すでに遅し…!

 

鳴子の余裕の笑顔にゾッとしました…。

 

 

感想

 

我路たちよりも鳴子の方が一枚上手のようです。(コワッ!)

すっかりしてやられてしまった様子の我路一行。

そして我路とライカのやりとりが面白かった今回です。

初めましてなのにお互いのことをよく知っているという謎の間柄。

お互いが整にとって特別な存在である者同士、すごく仲良くなれそうなのに…!

2人の絡みをもっと見たいと思ってしまいました(笑)

別れ際に二度と来ないと言って去って行った我路ですが、またライカに会いに行ってくれないかな~。

 

\  最新刊、直接読む? /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)