※このページにはアフィリエイト広告を利用しています

マロニエ王国の七人の騎40話ネタバレ感想~ウィジの物語

マロニエ王国の七人の騎士40話ネタバレ感想です。

月様が見つけた枯れた何か、御神様の大事な思い出。

みんなを救う鍵となるこれが一体何なのか。

今回は御神様兄弟の過去の記憶を辿る旅…。

マロニエ王国の七人の騎士40話のネタバレ感想

 

 

 

 

ここからは

ネタバレするよ

 

 

ウィジャという女性とヨカという男性の出会い。

ウィジャというのは御神様。

その妹の月様、末っ子で弟の冥府様もいます。

 

過去の御神様の記憶のようですが、当時は今よりも戦が続く戦乱の世の中だったみたい。

そんな中、ウィジャが弟の冥府様と間違えて助けた男性、ヨカ。

誰にも見つからないように匿いながら看病を続けたおかげで体調が回復していきました。

でもどうやらこの人…。

ジャガー王っぽい。

 

国にとってはその首が欲しい相手。

一番助けてはいけない人なのでは…。

 

そしてヨカと呼ばれるこの男性。

何とウィジャのことを気に入ってしまったようす。

こ、これはもしや…。

禁断の恋!!

 

いや、でもウィジャは全然ピンと来てない感じ。

今の所、ヨカの一方的な片思い。

ですが、もしも気持ちが通じ合ってしまったら…。

敵対する国同士の間でのこと、ややこしい事になってしまいます。

いつの世も禁断の恋は悲しい結末を迎えるような…(涙)

現に亡霊になった今も大揉めしてますし。

全然問題、解決してないですし。

現世を生きるハラペコ達をも巻き込んでの大修羅場だとしたら、本当にもう…。(こじれすぎ)

 

御神様が女性だった事にも驚きです。

過去のジャガー王との因縁に、愛だの恋だのが関係していたとは。

でもハラペコを食べることで、どう事態を好転させるつもりだったんでしょう…!?

まだまだ謎は深まるばかりですが、どうにか過去のこじれを解消できるといいなぁ。

そしてハラペコとコレット、2人仲良く無事に帰国できますように…!