マロニエ王国の七人の騎士27話のネタバレあらすじと感想~最後のタマネギ

マロニエ王国の七人の騎士27話のネタバレあらすじと感想です。

食べ物が豊富な国へ向けて、いよいよハラペコの旅がスタート!

マロニエ王国料理長の娘コレット、補佐役のジャスティスとゾーイも一緒です。

マロニエ王国の七人の騎士27話のネタバレありのあらすじ

 

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

食べ物が豊富な国との国境

目的地との国境にある宿舎で休憩する一行。

 

食べ物が豊富な国の人たち。

また同行する他国の料理人。

彼らとのコミュニケーションや雑務をこなしてくれるゾーイが頼りになります。

 

自国の資金を自分のお金のようにジャブジャブ使えて最高!

そう言い切ってしまう所もさすがです。

 

なんでもそのゾーイに所用があるため、終わるまで広場にいるよう言われたジャスティスとハラペコ。

 

なのにジャスティスは、ゾーイがいなくなった瞬間に広場から出て行ってしまいます…。

それを追いかけるハラペコ。

 

ジャスティスいわく。

 

 

ここは国境の修道院。

巡礼で人の往来が多い。

王侯貴族がここで隠遁する時に腕のいい料理人も連れてくる。

だからここにはとびきり美味しいものや珍しいものがたくさんあるはず。

 

 

地元の料理人の厨房を覗き見する2人。

お腹が空いたと言ったら、おかしを分けてもらいました。

しかもホールで

 

 

食べ物の国の神

おかしを食べる直前にゾーイに見つかり、怒られる2人。

 

プラス、ちょうどいい機会だからと

ここでゾーイは宰相からの言伝について話し始めます。

 

 

食べ物の国には太古から八百万の神が住んでいる。

あの国の神話によると、

世界の中心にある世界樹より、太陽、月、地下世界の3つの神が産まれ、八百万の神はその3神から創られた。

 

3神はそれぞれ

  • 太陽=御神様
  • 月=月様
  • 地下世界=冥府様

と呼ばれ、世界樹と共に国の中心に祭られています。

 

今回の【旅の目的】は2つ

世界樹にお参りをすること。

そして国一番の祭り豊穣祭に出席すること。

 

ただし、祭りの来場者数が食べ物の国の人口よりはるかに多いという謎。

何だか辻褄の合わないことがあるようです。

 

それに、先日会った際にナレースワンの雰囲気がガラッと変わってたのが、宰相には気になったそう。

まるで別人みたいに

 

例のアクセサリーの件はゾーイが現地で調べてみるようです。

ちょっと不思議な仕事ではあるけど、無事に公務をこなして帰るだけだと話します。

 

霊感の強いジャスティスは、ひとり浮かない顔をしていました。

 

まるまる太ってほしい

夕食の席では、ハラペコ達の前に豪華なご馳走が並びました。

見たことのない料理の数々にハラペコの心がトキメキます。

 

ハラペコにはたくさん食べて栄養をとってほしいと言うナレースワン

まるまる太ってほしい…とウッカリ言いかけて訂正してますよ。不吉な。)

 

彼の期待に添えるよう(?)目の前に並ぶご馳走を一気に食べつくすハラペコ。魚を丸呑みする姿には、さすがのナレースワンもドン引きです。

 

その向こうでコレットが浮かない顔をしてるのに気付くハラペコ。

あらかた平らげた後、彼女の作った料理を手に外へ誘うのでした。

 

家族と離れて

外で一緒に食事する2人。

ハラペコはジャスティスの相手に疲れたと愚痴をこぼします。

 

ハラペコがジャスティスとソリが合わないのは、お互い甘やかされて育った者同士だからだ。

コレットの言葉にハラペコは思い巡らせます。

思い返すといつも兄弟達に助けられていた…。

 

そう言うコレットも、他国の料理人の仕事ぶりに圧倒されて気後れしていたよう。

家族のことを思い出して心細くなってしまっていました。

 

ホームシックになるハラペコとコレット。

 

これ以上なるべく寂しくないように。

自分たちの家族や兄弟にしてもらったことをお互いにしようと約束するのでした。

 

そうこうしている内に、みんなの夕食が終わったようです。

コレットは後片付けを手伝ってくると言って戻っていきました。

 

食べ物の国へ向かう何か

ひとりになったハラペコ。

 

見てしまいました。

妖精のような、小さな何かが食べ物の国へ向かって歩いて行くのを見てしまいました。

たくさんいる…!

 

ふいにゾーイの言葉が頭をよぎります。

 

祭りの来場者数が食べ物の国の人口よりはるかに多い。

 

気付くと、更に大きい何かが横を通り過ぎていきます。

 

ハラペコは、この旅で何かが起こる事は覚悟していたものの…

眠くないや、獣使いはこんな輩とやり合ってきたのかと驚きます。

 

そんな時、青ざめた顔のジャスティスがハラペコの元に走ってきました。

 

 

こいつらは今、移動に意識が集中してる。

悪気もないから手を出すな。

 

さらに、

ナレースワンはこいつらに冥府様と呼ばれてると彼は確信してるそうな。

 

 

ナレースワンの正体は冥府様!?

そして彼の目的とは一体…。

 

 

 

 

 

感想

いつも兄弟に囲まれながら過ごしてきたハラペコと、家族に囲まれて育ったコレット。

国を離れて、2人とも早速ホームシックになってしまったよう。

寂しさを何とかしようとお互いに支え合う友情が微笑ましかったです。

 

そしてとうとうナレースワンの正体が明らかに!

これまでの任務で、眠くないにはエリーがいたし、獣使いにはサムソンがついてました。

今のところソリの合わないハラペコとジャスティスですが、2人は意外と良いコンビなんじゃないかという予感がしていますっ(希望的観測)