怪物事変57話のネタバレあらすじと感想~赤城の置き土産

怪物事変57話のネタバレあらすじと感想です。

花楓を生け捕りにした屋島狸。

伊予姫はその処遇を決めるという重責に追い詰められます。

そんな中、夏羽は花楓を殺さないと決めており野火丸の元を訪ねるのでした。

怪物事変57話のネタバレあらすじ

 

\ ネタバレ前に読むならこちら!/

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

夏羽の相談事

 

花楓を殺したくない夏羽。

彼の処遇に対して権限を持つ伊予姫に直談判しに行きます。

 

当の伊予姫ですが…。

人の生き死にを判断することに負担を感じ憔悴しきっていました。

 

 

 

そんな伊予姫に相談することなどできず、夏羽は野火丸のもとへ向かいます。

 

花楓を殺すのではなく、赤城のことも含めて理解してもらうにはどうしたらいいか。

野火丸に問いかけます。

 

少し考えた野火丸は、

何かやるなら今は絶好のチャンスだが…と答えを濁します。

 

自分たちには知らされていないが、

赤城の置き土産があることを告げると

突然夏羽の顔に手をかざし、強制的に眠らせてしまいます。

野火丸は敵?味方?

 

赤城の死体

同じころ。

SNSでは花楓と赤城の化け狐の画像が拡散され話題に!

表屋島に侵入したときの様子を一般人に撮影されてたみたいです。

 

ミハイに頼んでSNS情報を削除すれば即解決…。

 

 

と思われましたが

ミハイはゲームに夢中で電話に出ません。困ったお人よ…。

 

 

急遽、ツナマヨに依頼することになった織。

 

織からの連絡に喜ぶツナマヨはあっというまにSNS情報をもみ消しました。

 

すると、織と再会したいと言い出したツナマヨは

 

怪物の石なら

自分の地元である京都にもあると言い出します。

 

 

急いで穏神に確認。

……それは事実でした。

 

 

しかし、京都に向かうのは最後にすると告げられます。

 

すぐに会いたいツナマヨと、

今は行けない織が言い合いをしていると…

 

 

 

ドン!

 

 

 

爆発とともに轟音が響きわたります。

 

 

捕らえられた花楓は変わらず意識を失っていましたが

 

隔離しておいた赤城の亡骸がなくなっていました。

赤城の置き土産、死体になにかある?!

 

 

京都の石

野火丸の部屋を確認すると

そこでは夏羽が寝ているだけで

野火丸の姿はありません。

 

爆発を起こして赤城の死体を運び出したのは野火丸だったのです。

 

野火丸の裏切りを疑いますが

飯生が一番欲している夏羽の石は無傷のままでした。

 

 

野火丸は飯生に石を持っていくのを拒んだということになります。

 

 

 

現在、飯生は5つの石を持っており

上半身のパーツを保持。

夏羽たちは6つの石でできた下半身のパーツを保持。

 

 

おそらく

全ての石は出そろってきていると穏神は予想します。

 

 

飯生よりも先に最強の石を手に入れるため

次に向かう場所は京都に決まりました。

 

 

太三郎の死

そのころ

野火丸は部下とともにすでに東京へ戻っており、

飯生に報告をします。

 

石も持ってこれず襲撃も失敗したことに

飯生は不機嫌でした。

 

そんな飯生に、野火丸は朗報があるとにこやかに告げます。

 

屋島の石は手に入らず

襲撃も失敗した代わりに

 

三代目太三郎狸が死亡した。

 

 

野火丸が屋島を抜け出した夜

屋島を守り続けてきた太三郎が

 

ついに息を引き取ってしまったのです。

 

 

感想

野火丸って絶対に夏羽たちサイドの味方ですよね。
太三郎が亡くなった瞬間、すごく悲しそうな顔をしてました…。

野火丸は自分の信念で飯生の部下をやっているのでしょうが、いったい彼の過去には何があるのか気になります。

穏神は夏羽たちとともに京都にいくでしょうから、
太三郎亡き後の屋島は伊予姫と全吉が切り盛りするのかな…?

それにしても赤城の置き土産ってなんなのでしょう?
続きがきになります!

\ 直接読むならこちらから!/