はやくしたいふたり33話のネタバレあらすじと感想~男としての責任…?

はやくしたいふたり33話のネタバレあらすじと感想です。

俺の部屋に泊まれ!

どんなめくるめく展開になるのかと思いきや…。

お兄さんの逮捕劇にて終了~。

そしてそのまま現実に至るんだけど、ちゃんと気持ちを確かめようとする慶一郎にときめく回でした。

はやくしたいふたり33話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

 

結局…。

 

俺の部屋に泊まれ!

そんな流れだったのに。

そんなめくるめく夜になるはずだったのに。

なんならキス寸前だったのに。

 

 

 

警察に連行されたお兄さんを引き取りに行った慶一郎とユーリ。

お兄さんは大感動。

慶一郎に抱きつき泣きながらチューを連発です。

とても微笑ましい光景だけど…。

その光景を青筋立てながら見守るユーリでした。

 

 

警察署の前で朝日を迎えた一行。

ユーリの誕生日も

良い感じのお泊りも

修学旅行も

全てが終わり清々しい朝を迎えましたとさ。

 

 

いつものユーリ

 

修学旅行から帰ってきたユーリ。

 

あれから…。

追加のイチャイチャはなかった!!!

自分の部屋で落ち込んでます。

 

修学旅行を思い出すユーリが一番ドキドキするのは…。

慶一郎からキスされそうになったあの瞬間!

 

 

 

『あのままいってたら……きっとシてた!』

1人枕にチューしながら興奮が止まらないユーリ。

 

 

 

ガチャ

ユーリが妄想に夢中になってると、

千草がやってきました。

 

 

モザイクになってるユーリはあらぬ姿になってたんでしょう。

千草は無言でその姿をスマホにおさめるのでした。

 

 

 

評価シート

 

千草はユーリ宛ての郵便物を手にしてました。

 

慶一郎からです。

中に入ってたのはの評価シート。

 

 

今回の旅行についてユーリの評価を知りたいそうな。

これをもって来年以降の計画を考えたいらしい。

全項目118コ。多いわっ

学校か!?

会社か!?

 

 

ともあれまずは1項目。

創意工夫。

 

自由な発想でサプライズできたか。

慶一郎の自己評価は5。

 

いや「Y」の指輪は論外!

ユーリの評価は2。

 

 

次は理解力。

慶一郎の自己評価は5。

ユーリは2。

慶一郎は乙女心をわかってない!

 

これがあと116こ…。

 

 

ちなみに項目を読み上げてくれるのは千草です。

付き合い良いな。

 

 

千草姉さんからのアドバイス

 

答えるべき項目が多い!

もっというといちいち慶一郎の自己評価が高くて。

それにケチ付けるような評価しかできなくて、もやもや…。

 

悩んでる様子のユーリに千草からズバッとアドバイス。

 

素直に書けば?

 

だって慶一郎がこんなことする理由は、ユーリの気持ちが知りたいからに違いないんだから。

素直に正直に、酷評したらいい。

 

 

そう言われて吹っ切れた様子のユーリ。

いちいち118項目も答えるのは大変なので、手紙をしたためることにしました。

内容は指輪のダサさや葛城家の複雑さへの戸惑いや苦情が大半。

だけど最後に大切な気持ちが書かれてます。

 

 

そしてそれを読んだ慶一郎ぼっちゃん。

盛大に取り乱しましたとさ。

 

男として責任を取る

 

月曜日。

何となくお互い気まずく登校する2人。

そしてどこか様子がおかしい慶一郎。

 

そんな彼からユーリは招待状を見せられます。

兄から届いたという

慶一郎君ごめんねパーティ(笑)

慶一郎はもちろんユーリも招待されてます。

 

一緒に行くかと聞いてくる慶一郎。

それよりも何よりも、このパーティの招待状まるっと結婚式風で笑えます。

 

 

 

 

感想

 

思い出し寸止めキスでもんどりうってたユーリ。

モザイクがかかってたけど、千草が見た彼女の姿はどんなだったのか(笑)

慶一郎には千草から送られてきてたけど…ぷぷぷ。

 

あ…。

だからかな。

月曜日、男として責任を取らねば…ブツブツとかいってたのは。

千草から送られたユーリのあられもない様子をみて、責任感を持ったのか?!

でもだからって、お兄ちゃんからきた【慶一郎君ごめんねパーティ】に招待するって、流れがわからん。

わからんけど、あのお兄ちゃんをまた楽しめるなら何でもいいっ!←お兄ちゃん推しです。

\  直接読むならこちらから! /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)