はやくしたいふたり17話のネタバレあらすじと感想~葛城家第2邸ハウスメイド試験の結果は…?

はやくしたいふたり17話のネタバレあらすじと感想をお届けします。

ユーリはコンビニバイトをやめて、慶一郎が住む第2邸で働くべく試験を受けることに。

前回から引き続き、春日にみっちりメイドのイロハを叩き込まれたユーリ。

試験までの2週間かなりハードな時間を過ごしてきて、試験をパスする自信しかありません。今回はそんな試験結果発表までわかります~。

はやくしたいふたり17話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

ここからは

ネタバレするよ!

 

試験前日

慶一郎の住む葛城家第2邸のハウスメイドになるべく、キビい修行に耐えてきたユーリ。

 

頑張って頑張って頑張りぬいたこの2週間。

ユーリはこの試験に自信満々です。

 

その様子に慶一郎も嬉しそう。

電話が終わった後、慶一郎からラインの連投が

 

第2邸で待ってる。

それから偉人の言葉を贈られました。(英語だしわからん。とユーリはあまり気にしていません。)

 

試験当日

試験本番、ユーリの身のこなしはよくできるメイドのそれとなっていました。

コーチを務めた春日も涙を禁じ得ませんっ

 

 

合格通知が届く日

朝から8時間。

郵便屋さんを監視するユーリ。

合格通知が来るのを待てない様子です。

 

暇なの?千草がツッコミます。

 

 

 

やっと届いた合格通知。

千草もお祝いしてあげる…と言いかけたとき、目ん玉飛び出る緊急事態です。

 

なんとこの試験。

落ちてましたー

 

実技はよかったんです。

ただ、一般教養が…32点。

 

 

 

さっそく千草はほかの人と遊びに行く約束を取り付けます。

そばにいて!と騒ぐユーリに、友達が頭の悪さ一点で試験に落ちた様を見たくない。と取り付く島もありません。

千草に言われて落ちた要因を考えてみます。

 

 

勉強を見てくれた春日と、最初に相談した内容が思い出されます…。

もわんもわんもわんもわん…

ーーーーーーーーーーー

とにかく実技ができないと話にならない。

だから実技とこれにかかわる筆記の勉強が必須。

ただし一般教養は中学レベルだからノーマークでOK

ーーーーーーーーーーー

こう話し、実技全振りに決めたのは春日。

 

 

Sランク高校に通っていた彼には分らなかったんです。

Fランク高校の知識量というものが…。

 

偏差値78の彼には分らなかったんです。

偏差値35の知識量というものが…。

 

 

ギルティーーーッ

 

どうしよう。

いくら2週間前の春日を脳内で責めても、受かる気満々だった試験に落ちたという事実。

 

そしてやってきた17:00の慶一郎とのLINEタイム。

 

 

 

スマホは慶一郎からのLINEと着信で忙しそうです。

冷静でいられなかったユーリは思わず電源を落としてしまうのでした。

…と同時に行ってきまーすと出ていく千草w

 

 

偉人の言葉の意味

 

落ち込みながらスマホの電源を入れるユーリ。

慶一郎からラインが届くけど、返信することはできません。

そういえば…

試験前日にもらった偉人の言葉が気になりました。

 

Success is not final, Failure is not fatal:it is the courage to continue that counts.

成功は最終的なことではない、失敗は致命的なことではない。重要なのは継続する勇気だ。

引用元:「はやくしたいふたり」日下あき/集英社/マーガレット

慶一郎はいつも努力するユーリを見てくれていました。

大粒の涙をこぼしながら、スマホに向かって謝ります。

バカでごめん

落ちてごめん

今すぐ会いたいよ

 

 

 

 

…そんなユーリの背後。

窓の外では特殊部隊(SAT)ばりの装備を整えた慶一郎がユーリを見つめているのでした。

 

 

 

 

感想

あはは!オチが素敵ー!

さすがお金持ちです。

彼女の希望をそのコマで叶えてくれるw

 

自信満々にふるまっていただけに、試験に落ちたのは本当に悔しい。し、恥ずかしいと思います。

でも慶一郎は結果よりも、ユーリの努力する姿を何よりかってるから。

さぁ、涙を拭いて後ろを見てごらんw