初恋の世界の第59話のネタバレあらすじと感想~愛のぬけがら

初恋の世界59話のネタバレあらすじと感想です。

智博一家との決着がついて、ようやく離婚することとなった香織。

黒岩譲は悩みを抱えながらも幸せな新婚生活を送っている様子。

薫と小鳥遊も順調です。

そうなると気になるのは修子の現状ですが…。

初恋の世界59話のネタバレあらすじ

 

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

あと10年待てば

 

薫と電話中の修子。

香織の家で集まろうという話ですが、修子の返事は行けたら行くというもの。

どうやら乗り気じゃないみたいです。

 

電話をしながら、年末から放置してた宅配便の中身を処分していく修子。

実家の両親から届いた餅やみかんの差し入れです。全く手を付けてなかったようで中身は傷んでカビだらけ。

修子の姿と重なる…

 

差し入れの中にあった母からの手紙を読みながら、あと10年とつぶやく修子。

あと10年したら不倫相手の娘が成人する

その時にはきっと堂々と実家に帰省できる。

 

久々の女子会

 

香織の家にやってきた薫と黒岩譲。

 

手土産の花束に思わず泣いてしまった香織。

涙の理由を聞いて、2人は深く感心しました。

 

ほんとによく頑張ったね。

香織の頑張りを称えました。

 

そして話題は修子のことに。

まだ例の不倫相手と続いてるのかな。

修子の現状を気にかける3人。

 

この場で吐き出しちゃえばよかったのに。

そんな香織らしからぬ発言に驚く薫。

今度修子に会いに行ってみようかなと言う黒岩譲。

 

何だかんだみんな修子のことを想っています。この想いが本人に届かないのがもどかしい…。

 

ストーカーと化す寿三郎

 

相変わらず修子につきまとう寿三郎。

修子の帰宅にあわせ、手土産持参で強引に部屋に上がりこみ…無理やり一緒に食事。

 

呆れた修子が何か言おうとするも、それをさえぎって寿三郎が言います。

 

食事は誰かとした方がいいから…

修子みたいな美人が1人に慣れちゃダメ。

 

思わず涙ぐむ修子。

そして母からの着信に気付きます。

 

 

父が倒れた。

 

母からの突然の報告に、スマホを持ったまま固まる修子。

 

父を安心させなくては…。

そのために修子が電話をしたのは…不倫相手の林田でした。

 

修子の迷走

 

病気で倒れた父を安心させたいから、明日こちらに来てほしい。

父にあなたを紹介したいから。

 

 

夕飯の時間です。

林田は家族の手前、電話の相手が得意先であるかのように修子と話します。

 

明日、飛行機でそちらに行くから落ち着いて。

 

林田からのラインを見て安心する修子。

必死で修子を諭そうとする寿三郎を追い出し、林田の(偽りの)優しさに涙を流しました。

 

迷走から暴走へ

 

翌日、空港の出口で林田を待つ修子。

彼女を心配してやって来た寿三郎も一緒です。

 

どれだけ待っても林田は現れません。

そんな中、修子のスマホに林田からラインが届きました。

 

娘が高熱を出して行けなくなった。

 

即座に林田の妻のsnsをチェックする修子。

案の定、そんな事実はなく…

投稿されていたのは、むしろ幸せそうな家族の朝食の様子。

 

その瞬間…修子の目から色が消えました。

 

うつろな目で呆然とする修子。

必死で諭す寿三郎。

昨日からずっとこの構図ですが、寿三郎の声は届きません。

 

奥さんのせいなんじゃないか。

いや、子供だ。

子供さえいなければすぐにでも来てくれるはず…

 

完全に正気を失った修子は、車に乗って1人で帰ってしまいます。

慌てて自分の車で追いかける寿三郎。

 

修子の家の外に車を停めて1人作戦会議です。

明日には修子を連れ出して、一緒に修子父の病院へ行って…と考えながら車の中でそのままウトウト…

 

修子を止めないと

 

朝になり寿三郎が目を覚ますと、修子がトランクを車に積んでいる姿を目にします。

寿三郎はそのトランクに見覚えがありました。

 

例の刃物が入っていたトランクです。

 

修子を止めないと!

 

慌てる寿三郎ですが、こんな時に限ってガス欠です。

何とか空港に着いた頃には、修子は既に荷物検査を通過中でした。

 

同じ便には乗れなかったものの…

何とか次の便で修子を追いかけようとする寿三郎でした。

 

感想

現実逃避しまくって迷走からの暴走…とうとう修子が壊れてしまいました。

不倫相手がゲス過ぎて、もう寿三郎が良い奴に見えてしょうがないです。

完全に自分を見失って周りも見えてないので、近くにいる良い人に気付けないんですよね。

 

香織に続き、まさか修子まで修羅場を迎えてしまうのでしょうか(しかも刃物沙汰)

頼みの綱は寿三郎です。何とか修子の目を覚まさせてあげてほしい…!

 

\  直接読むならこちらから! /