青のミブロの27話のネタバレあらすじと感想~宝

青のミブロの27話ネタバレあらすじと感想です。

隊服を作ることになったミブロ。

そのデザインの担当に白羽の矢が立ったのは、におの婆ちゃん。

久しぶりに再会した婆ちゃんの姿を見て、におは京を守る理由を思い出しまいた。

でも明日も団子屋の手伝いをするハメに…。

青のミブロの27話のネタバレあらすじ

\  最新刊、直接読む? /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

 

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

お泊り会

 

浮かれる太郎はさておき、ようやく隊服の本題に入るにお。

土方の頼みであれば婆ちゃんも断れません。

土方=イケメンで認識している婆ちゃん。

ただし条件があります。

はじめは敵味方の区別がつくものだと注文をします。

それは難儀ですね~。

 

ともかくお泊りだー

太郎の目に精気が宿ります!

 

ミブロの日常を聞いて婆ちゃんは面白そうです。

相変わらず感動が止まらない太郎。

箸の持ち方一つでも愛を感じます。

 

実は婆ちゃんにとって、ミブロは人斬り集団な印象が強かったんだけど…。

におの説明により街を守ることは、すごく良いことだと感心するのでした。

 

そういえば、妹のいろはの様子が気になるにお。

たまに手紙が来るから元気だろうと、におに手紙を渡します。

太郎はすっかり婆ちゃんに懐いて、はじめは字が書けないと暴露までします。

単に下手なだけだけど…。

 

次はお風呂だ!

婆ちゃんがせかすと、覗いちゃイヤよとボケまでかます懐きぷりです。

お風呂を極楽で過ごした太郎。

最後はみんなでお休みですが、興奮が止まらないようです。

 

終の棲家

 

結局、太郎はソッコーで寝ました。

どうやら相当に疲れていたようですね。

 

布団に入りながら婆ちゃんに質問するにお。

京に住めなくなった場合どうするか聞きたかったのです。

 

ここで死ぬ

 

婆ちゃんの答えに迷いはありません。

でも何で?

におは理由を知りたいようです。

 

におやいろは達と一緒に暮らせて、幸運だったと話す婆ちゃん。

目を瞑れば色々な思い出が蘇るようです。

子供を育てるということは、あたかも人生をやり直している気分でした。

確かに、にお、いろはと婆ちゃんは、血が繋がってはいません。

しかし婆ちゃんは2人に生かされていました。

 

人との出会いは宝だと断言する婆ちゃん。

まさに名言!

思い出を抱きながら婆ちゃんは京で人生を終えるつもりです。

 

におは京で戦う理由がはっきりしました。

大事な人がいるからです。

 

 お偉いさん?

 

さて、翌日。

今日もバリバリ働くぞと、少年ミブロに気合をいれる婆ちゃん。

はじめはツンデレですが、前掛け姿が似合います。

 

そんな繁盛するお店に、とあるお客が暖簾をくぐろうとしています。

その様子に目を奪われるにお。

生涯最高の宝との出会いが突然やってきました。

 

 

 

感想

 

一見するとギャグの太郎ですが、一つ一つのセリフが実は重い。

箸の使い使い方すら教えてもらう人がいなかったとは…。

におも孤児という境遇を考えれば、もしかしたら太郎と同じ可能性もあったわけです。

婆ちゃんによって救われたにおですが、婆ちゃんもにおたちに生かされていました。

人の縁とは本当に不思議なものです。

 

最後のシーンで登場した、におにとって運命の人。

羽織紐までの姿しか描かれず、お顔は分からずじまいでした。

これで袴に家紋があれば相応の身分の人物でしょう。

単なる団子屋さんにお偉いさんが来る理由は、お忍びか、それとも単なる道楽なのか?

その正体が気になるところです。

 

\  最新刊、直接読む? /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)