青のミブロの14話ネタバレあらすじと感想~余所者(よそもん)

青のミブロの14話ネタバレあらすじと感想です。

京都守護職に参上したミブロは、ついに会津藩主の松平容保と接見します。

晴れてお預かりの身となったミブロ。

その初仕事は暗殺者5人をお縄にすることでした。

青のミブロの14話ネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

ネタバレしてから読む漫画って面白くないよ~。

未読な方はぜひ直接読んで!

 

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

 

ミブロ、分散する

 

両目を斬り抜かれて暗殺される会津藩士。

におは憤慨しますが、会津藩は極秘裏に解決したいようです。

やはりメンツの問題でしょうか…!

 

ともかく情報が欲しいミブロ一行。

におは境内で会った世都のことを思い出します。子供と聞いて何か気になる沖田。

芹沢は敵が自分を狙ってくると疑いません。

 

一方、近藤が急に刀を振るい始めました。

剣が鳴いていると決めセリフ。

 

無駄にカッコいい姿がたまりません。

 

 

京の呉服屋

 

人々が往来する二条通に店を構える鶴屋。

におとはじめは世都を訪問します。

 

二階にある使用人の部屋に案内される2人。

におは店先売りの様子を見て、鶴屋を良い店だと褒めています。

 

世都は会津藩士の事件を知っていました。

暗殺する下手人達は、会津だけを狙っています。怨恨は確実です。

 

におの一見冷静そうな表情に、世都はやや引き気味です。

はじめに促されると、世都は事件の場所までも教えるのでした。

これは、怪し過ぎる…。

 

 

 

今の京は大変だとぼやく世都。

その原因は余所者ばかりからだと考えています。

 

ゴキブリ含めて京のみんなを守ろう。

世都はにお達に共に協力することを申し出ます。

 

しかし、その誘いを断るにお。

それを聞いた世都は、少し寂しそうな表情するのでした。

 

 

遭遇

 

鶴屋を後にする、におとはじめ。

におは初めから世都が胡散臭いと思っていました。

 

はじめは抜刀の構えをしますが、再度じっくり話し合いをしたいと語るにお。

やはりというか、におの考えは相変わらず分かりませんね。

 

すると傘を差した浪人が、2人とすれ違います。

 

緊張するにお。

何事もなくすれ違い、ホッとした瞬間です。

 

振り向きざまに刀を斬りつける謎の浪人!

しかし2人は間一髪で躱していました。

 

暗殺者と対峙するにお達。

命のガチやり取りは不可避の状況です。

 

 

感想

よそものではなく、よそもん

今でも残る?京都の排他的というのか、敷居の高さを具現化したような世都。

確かに京が物騒になった一因には、余所者の急増も関係しているでしょう。

だからといって暗殺で排除というのもどうかと思います。

 

会津藩士の斬殺事件を世都は詳細に知っていました。暗殺者と遭遇した帰り道を勧めたのも世都でした。

もうクロ確定…!?

子供の世都が黒幕の可能性は低いので、首謀者は大人の関係者かな。

 

ラストシーンで、にお達は相手の攻撃を予測していました。

ミブロならではの身のこなしと危機察知能力はさすがの一言。

しかし暗殺者は浪人ではなくプロの様子。

はじめの剣術は認めるところですが、果たして技が通じるのでしょうか?

\  直接読むならこちらから! /

【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)