わたしの幸せな結婚6話のネタバレあらすじと感想~初めてのデエト前編 

清霞から突然のお誘いに戸惑う美世。

行先も知らされずに勧められるまま車に乗ってしまいます。

清霞は美世をどこに連れていくのでしょう?

二人の初デートは盛り上がるのか…それとも…。

早速ネタバレいってみましょう!

わたしの幸せな結婚6話のネタバレあらすじ

ここからはネタバレするよ!

初めてのドライブ

どこへ行くのか全く予想がつかない美世。

最初に到着したのはなんと清霞の職場、帝国陸軍本部でした。

怖気づく美世に、車を停車させる為だけにここへ来たのだと説明する清霞。

 

そして美世は清霞の部下、五道に会います。

 

普段と違う清霞の姿になにやらいろいろと思うところがありそうですが、軽く挨拶をした後五道は、その場を立ち去ってしまうのでした。

 

目的地へ

車を置いた後、2人は町へと繰り出すことに。

 

美世はこれまで見たことない町の景色にしばし見惚れています。

 

ふと我に返り、何を自分勝手に物見をしたんだろうとまた自分を責めてしまう美世。

清霞に行きたいところを訊かれても、おこがましくて何も望めません…。

 

そんな美世の反応を予想してたかのように、清霞は自分が行きたい場所へ足を運びます。それは、一軒の呉服屋でした。

なにやらお高そうな呉服屋さんです。

 

桜色

 

呉服屋で、好みの着物かあれば選べと言われる美世。もちろん躊躇します。

 

追い出されると思い込んでる美世は店の奥に入らずに、ただ清霞を待つことにしました。

 

 

店主はいくつかの反物を用意しています。

それらに目を通す清霞。

 

ふと、桜色の反物に目がいきます。

美世に似合いそうだ…』と瞬時に感じた清霞はその反物を選ぶのでした。

 

そして他にも反物を選んだ後しばらくして美世の元に戻ると…美世も全く同じ桜色の反物に目を奪わていました。

清霞の見立てはばっちりでしたね!

 

清霞の思惑

実はこの初デート、新しい着物を選ぶ為に計画されたものでした。

 

清霞はゆり江を通して古びた着物の件をすべて承知しています。

そこで着物を新調してあげようと考えたのでした。

 

ただこのことを事前に伝えたら、美世が恐縮して断るのは百も承知。

何も伝えずに出発したのには、美世への配慮という理由があったのです。

 

そして二人は呉服屋を後に、また町へと。デートは続くのでした。

ん?呉服屋さんで清霞が受け取った箱が気になります。

 

 

感想

清霞の優しさをひしひしと感じる第6話でした。

美世のことをちゃんと見てるし、理解してて、冷酷なんて言葉は全く似合わない素敵なお方です!

清霞の愛はひしひしと感じてるエピソードでしたが、肝心の清霞はそれが愛だとはわかっていないようで…。そこもまた恋愛に慣れていない感があってたまりません!

この後どういうふうにデートの日が終わるのか。

また受け取った箱の中身も気になるところ…