東京タラレバ娘2の最終話のネタバレあらすじと感想~あなたの夢はなんですか?

東京タラレバ娘2の最終話のネタバレあらすじと感想です。

フラれて落ち込んで、

と思ったら元カレと同僚が結婚。

忙しい展開のまま最終回となりました。

最後はなんともスッキリ。

前向きになれる読後感です。

東京タラレバ娘2の最終話のネタバレあらすじ

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

わっちゃわちゃの結婚式

 

舞台はオーナーと森田の結婚式です。

 

ベールに包まれた花嫁(森田)に生き別れのお兄さんについて質問詰めする令菜。

ただ森田さん、とにかく適当に答えられています。

!!そうだ!今日は森田が主役の結婚式。

自分の気遣いのなさを謝る令菜。

 

だけど主役はむしろオーナーでした。

彼のカラオケワンマンステージ。

歌詞もちょっとズレたカツラも最高です(笑)

 

 

ならばと花嫁と写真を撮る令菜。

ベールを取った森田の一切媚びのない顔よ…。

 

令菜と森田お兄さん

 

令菜は森田のお兄さんに直接話しかけることに。

よしおバーのドリンクのおかげで自然に話が続きます。(あの綿菓子乗ったやつ)

 

彼についてわかったことは…。

お住まいはシンガポール。

仕事は港湾関係…かな?

タンカーのバラスト水の処理をしてるそうな。

 

ば…ばらすとすい??

 

……。

↑ ちょっと間があった森田兄(汗)

説明すると長くなる。

そう言われ、とりあえず座ることにします。

 

お兄さんバラスト水について説明をしてくれます。

本当に長くなる説明を真面目に淡々と説明してくれて…。

どうにも既視感があります。

 

 

そこにちょうど現れた小学生のよしお

そう、彼とすごく似てるんです!

 

よしおと森田の兄とはつらつらと話始め、自然に盛り上がります。

その光景はまるで親子。

 

 

そんな中、ケーキカットの準備をしてほしいと耳打ちされました。

 

森田のそばに行く令菜。

花嫁さん、ケーキカットを断固拒否です。

なんなら令菜に代りにやってとぬかします。

 

令菜は冷静に花嫁をケーキカットに誘います。

もはや働く(?)姿勢は式場スタッフ…(涙)

 

令菜が諭してもてこでも動かない様子の森田。

困っていると…。

ふわっ

 

森田が浮きました(笑)

突如現れた2号と10号が、森田を椅子ごと持ち上げて運んでいきます。

森田、この光景を気に入りました。

ウィーバーイーツで運ばれる花嫁w

 

それはそうと、

2号が現れたことにより、令菜の回想が始まります。

 

回想

 

2号は結婚に向かなかった。

それに気づいたのはオーナーのおかげだったと振り返る令菜。

 

オーナーは最高の男だったと評します。

優しくてイケメンで面白くて。

従業員にも慕われてて…。

 

失恋したときの気持ちや今の気持ちが、結婚式の光景をバックに淡々と綴られていきます。

 

よしおの告白

 

ふと、令菜を呼ぶよしお(小学生)の声が。

 

決まりです。

 

あの人に決まりです。

突然断言するよしお。

 

森田の兄なら令菜に合うと確信したそうです。

 

そう話すのも、よしおはこの1年。

自分が大人だったら令菜と結婚するのに。

そう思ってたそうです。

 

だけど年齢の差がありすぎて、

令菜のことを思うと無理があると思ってあきらめたんだそう。

 

 

令菜のことを好きだったと話すよしお。

そこからは令菜を褒めまくります。

素晴らしい女性で非の打ちどころがない。まで言ってくれます。

でも、2号にも1号にもモテることができなかった。

思わず口にする令菜に、

 

 

あいつらに見る目がないから

これまた断言しました。

そこからも気持ちいいくらいよしお達を悪しざまに言ってのけるよしお君。

いいぞいいぞ。

 

オーナーと森田が結婚してくれてよかった。

森田の姉に。

ついでにオーナーの姉にもなれます。

なんておもしろ家族!

混ぜてほしいから令菜の娘と結婚するなんて口にするよしお君。

よしお君が言うと冗談に聞こえません(笑)

 

 

よしお君に背中を押されて、もう一度結婚について前向きになれそうな令菜。

ウェディングケーキを頬張り、森田の兄を見つめます。

 

 

初代タラレバお姉さんたち

 

結婚式やってるー。

東京タラレバ娘の倫子・香・小雪の3人が通りかかり結婚式を覗き見です(笑)

ちょっと嬉しいクロスオーバー。

 

よしお達イケメンに目移りしつつも、余興にダメ出し。

そんな自分たちに危機感を持ちながら、とりあえず倫子は念仏を唱えるように口にします。

「お幸せに」

 

誰のセリフとかなく、そのあと。

何が?

何が幸せ?

そんな言葉が続きます。

 

それから

夢を持とう。

そんな言葉が続く中、海の傍に建設中の家が背景に出てきました。

そこへお酒やら薪やらを運ぶ令菜と森田のお兄さん(!)

何年後かはわからないけど、

よしお達

オーナー夫婦

令菜と森田のお兄さん

よしお君

みんなでバーベキューやってます。

 

 

 

 

感想

 

怒涛の展開で最終回が終わりました~。

結婚式最中もいろいろあったけど、令菜の語りが良かった。

結局あの失恋は、意外と早く持ち直したみたい。

それも森田の夢のおかげで!

彼女の夢である海の見える家で、みんなでバーベキュー。

そうやって最高の男・オーナーと長く関わり続けることができるなら素敵なことなんだそうな。

 

結婚とかではご縁はなくても、長く続いて楽しい関係ってある!

ありがたいご縁なんですよね~。

親戚で1人いると楽しい雰囲気になるおっちゃん(笑)まさしくそのポジションです。オーナー。

そう考えると、本当に森田とオーナーがくっついてくれてよかったんだ。

森田のお兄さんとご縁が生まれたんだし。

 

森田のお兄さんとは令菜もテンパらずお付き合いできそう!

なんてったって大人になったよしお君なんだもん。

ちゃっかり一緒にバーベキューに参加できる仲になってるし。

なんというか。

前向きになれる終わり方でした。

バーベキューいいな。

\  直接読むならこちらから! /