それでも歩は寄せてくる136局のネタバレあらすじと感想~夏の扉を開けて

それでも歩は寄せてくる136局のネタバレあらすじと感想です。

期末試験は全員が赤点回避しました。

今度は夏合宿です。

合宿・海・水着。

マキに促されたセンパイと凛。

謎の三段論法で悩殺水着をセレクトしますが果たして?

それでも歩は寄せてくる136局のネタバレあらすじ

 

脳トレ

 

合宿先はマキの別荘です。

その初日…。

将棋部員は詰め将棋を解いています。

 

気が付けば桜子も参加していますね。

相変わらずのほほ~んとするマキ。

 

タケルは難しいと唸るばかり。

でも詰め将棋も立派なトレーニングです。

頑張れとセンパイはエールを送るのでした。

 

何といっても、これが終われば

みんなの気合いが入るのも無理ありません。

 

それにしてもと、意外な表情をするセンパイ。だってそうでしょ?

いつも茶化すマキが大人しいからです。

これには体調不良かとセンパイも心配をします。

 

でもそこは空気を読むマキ。

みんなが大会に向けて頑張るのを知っています。ジャマしちゃ悪いと気を遣い、桜子と一旦部屋を出るのでした。

 

というかマキは将棋をする気は全くなさそうです。

この2人って将棋部員だったような…?

 

 

心の葛藤

 

凛が詰め将棋の問題を解き終えました。

やっぱ早いです。

センパイも終わったようです。

 

残るは男性陣の2人です。

センパイと凜はソファでくつろぎます。

 

部屋の窓から見える海辺の景色。

本当にいい眺めです…ってのはタテマエ。

2人は既に心あらずでした。

 

早く海に行きたい!

 

歩に水着姿を見て欲しいセンパイ。

顔は既に火照りまくりです。

 

一方の凛はやはり食いしん坊さんでした。

早くスイカが食べたい。

既に口が半開き状態ですよ、凜ちゃん。

 

でも歩たちを急かしたら負けです。

部長としての威厳を保つため。

食いしん坊扱いされないため。

どうやら見栄とプライドが葛藤しているようです。

 

 

ガマンは体に毒?

 

所在なさげに対局するセンパイと凜。

一旦、深呼吸して気持ちをクールダウンします。

 

そうだ。

マキや桜子だって待っています。

自分たちが待てなくてどーする?と。

いくらでも待つと決めた瞬間でしたが…。

 

 

へ?

 

何とマキと桜子が水着姿で登場。

既に遊ぶ気満々のマキ。

ナイスバディぶりを惜しげもなく披露します。桜子の視線にも注目です。

 

ガマンの限界で~す!

お先とばかりに海へと向かうチェケラのマキ。

 

呆気に取られるセンパイとマキ。

慌てて歩とタケルに早く問題を解くよう急かすのでした。

 

 

感想

じらしますね~。

そういうのは部長権限で強制終了させてもよいのでは!?

天気が変わるとマズいから、とか適当な理由をつけて。

でも歩とタケルも真剣だったので、声はかけにくかったかな?

もっともマキはマイペースでお構いなしでしたがね。

 

ところで、センパイはあの布面積が少ない水着を買ったのでしょうか?

その姿を歩に見て欲しいとしたら…(大胆!)

さてさて次回こそ本当に水着回になりそうです。