なめてかじってときどき愛でて63話のネタバレ感想~素直すぎる清士郎

なめてかじってときどき愛でて63話のネタバレ感想です。

お風呂で散々ラブラブしといて。

お布団ではしがみついて甘えてたハル。

それだけ煽っといて、気持ちよさそうに寝ちゃってました。

寝顔も可愛い…。

そんなハルを置いて、清士郎は母へ直談判しにいくのでした。

 

なめてかじってときどき愛でて63話のネタバレ感想

 

 

 

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

 

清士郎はハルの寝顔に癒されつつ、母と直談判する決意をしたみたい。

母の部屋に1人乗り込んでいきました。

 

 

実の母の部屋の前で一時間、ドア開けるの躊躇するってどんな親子関係??

そして1人で晩酌してた母、なんだか色っぽく見えるのは私だけ?

 

清士郎の母って清士郎のこと大好きだよね。

すぐキュンってなってる(笑)

そんな実は大切な息子に、日本に残りたいってお願いされて困惑の母。

一緒に暮らせない。

これは母にとって寂しいことだけど、こんな風に自分に頭を下げる清士郎にグッと来てるっぽい。

 

顔を見るのも嫌そうな親子関係なのに、ちゃんと母をお母さんと呼び、頭を下げて嘆願する清士郎。

全てはハルと一緒に過ごすため。

恥ずかしさもあるはずなのに、ちゃんと言葉にして伝えてます。

 

この光景を、ハルは清士郎の後ろで見てたみたい。

気が付いてなかった清士郎は赤面して逃げてきました。か~わい~

 

 

ハルも清士郎の母に直談判に来てたみたい。

促されて口にしたのは清士郎と同じお願いです。

だけどハルはお母さんへの配慮も忘れてなくて、ここで『やっぱりええこや…』と私は再度確認したのでした。

 

清士郎は先にベッドに入ってふて寝。

すっかり寝てると思ったハルが清士郎の色んな所にキスします。

首にキスしたくなるのはわかる。

あと手も。

好きな人の手って、なんか尊い。

キスしたくなる。

バレないならたくさん。

 

清士郎はもちろん狸寝入りだったみたいで、このあと甘い時間を過ごすことに…。

何にせよ、自分の気持ちに素直な2人を見るのは楽しかったです。

くすぐったいような。

微笑ましいような。

真っすぐな気持ちって眩しいね~