ジャンプ

モリキング17話のネタバレあらすじと感想~カブトムシVS銀行強盗

モリキング第17話 「カブトムシVS銀行強盗」のあらすじと感想をお届けします。

人助けをして真の王を目指すモリキング。

そんなモリキングに警察がとある事件の相談をします。

常に民を助け、導きたいと思っているモリキングは、無事自分の力で大事件を解決できるのでしょうか?

モリキング16話のネタバレありのあらすじ

ここからはネタバレするよ!

ネタバレ含む感想はこちらから

+読んでOKなら押してね

人助け

真の王になる為には1人でも多くの民を助けなくてはならないと考えるモリキングは、SNSやHPを開設し相談を受けていました。

モリキングが好きに社会活動することを不安に思う勝子は、自分もついていきます。

どうせ大したことはしないだろうとタカをくくっていた勝子は驚きます。

警察がモリキングの力を借りたいと藍川家の家のドアを叩きました。

銀行強盗

警察とモリキング一行が向かったのは銀行強盗立てこもり犯の現場です。

冷静に状況を確認するモリキングに涙ながらに助けを乞う警察達。

しかしモリキングは一言、何とかするとだけ言いました。

立てこもり犯達は

強化シャッター、

豊富な武器、

人質を盾に完全武装しています。

安心しきっている立てこもり犯達ですが、突如何か見覚えのある角が強化シャッターを貫きました。

シャッターをこじあけ出てきたのは全裸のモリキング。

そこで田舎のお袋さんが泣いているとベタな説得をかまします。

そんな説得応じるわけないと思ったその時、銀行強盗達は何故か懐かしい感覚に襲われました。

虫取りをしたあの夏の日の記憶、母との語らいを思い出した銀行強盗達は涙します。

それが効かない銀行強盗の1人は、モリキングに銃弾を放ちました。

しかしどんな武器を使ってもカブトムシの堅い装甲は破れません。

一件落着

銀行強盗達は無事捕まり、大事件を解決したモリキング達は一躍新聞紙の一面を飾ることとなりました。

多くの人を巻き込んだこの夏はまだまだ続くようです。

感想

モリキングの装甲の厚さはやばいですね。

銃弾やグレネードを受けてもダメージを負わないほど堅いって…強すぎます!

その強さを民を導く事に使うというのは立派だと思います。

虫嫌いな勝子も最近はむしろ好きになってそうでよかったです。

↓モリキング各話のあらすじについてはこちらをどうぞ!↓

各話あらすじ
モリキング最新話のネタバレあらすじと感想

モリキング最新話のあらすじです。 ネタバレOK!な方は各記事の「+読んでOKなら押してね!」からどうぞ! 一番上から順に新しい話数があります。 ー目次ーモリキング最新話のネタバレ最新話16話のネタバレ ...

続きを見る

↓モリキングの作品紹介記事はこちら↓

作品紹介
森林王者モリキングのあらすじと魅力紹介~日常と非日常の間にあるシュールギャグ

森林王者モリキング(作:長谷川智弘)は人間の姿に変態したカブトムシが、昆虫の王になるため訪れた人間社会で騒動を繰り広げるギャグファンタジーです。 ー目次ー森林王者モリキングのあらすじ森林王者モリキング ...

続きを見る

-ジャンプ
-

© 2021 ドロップ Powered by AFFINGER5