マリエルクラックの婚約37話のネタバレあらすじと感想~近衛騎士副団長の姿

 

マリエルクラックの婚約37話のネタバレあらすじと感想です。

フランシスの誘拐を見過ごせなかったマリエル。

明らかに無法地帯な現場に踏み込みます。

緊迫したシーンからの始まりです。

今回はシメオンも登場!

マリエルクラックの婚約37話のネタバレあらすじ

 

 

前回を手軽に読み返すなら

ゼロサムオンラインがおすすめ!

無料&登録なしで数話読むことができますよ~。

…というか一迅社さん、無料が過ぎます。素敵過ぎます。

よっ太っ腹っ!

コミックZERO-SUM作品の一部

  • 【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
  • 【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
  • 【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
  • 【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
  • 【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
  • 【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
  • 【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)
  • 【電子書籍/コミックの品揃え世界最大級】ebookjapan(イーブックジャパン)

表紙をタップするとお目当ての作品だけ読むことができるよ。

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

 

 

明かにヤバそうな館

 

颯爽と現れた助け船、ミエルことハチミツ色の美人さん。

助け船なのか泥船なのかは判断できないまま、後悔したくない一心で怪しい館へ踏み込んだマリエル。

 

 

その中は、どうやら賭け事とお酒、それから娼館にもなっているそうな。

怒号と歓声が飛び交い、たばこの煙が充満しているあまり良い想像の出来ない場所です。

 

ミエルはお忍びでやってきた良い身分の人間になりきって、違和感なくカードゲームに参加します。

 

彼の従者として背後に立つマリエル。

ミエルは顎で小さく合図を出します。

その先には…。

 

カストネル大佐がいました。

 

 

カストネル大佐

 

カップを机にたたきつけ、何やら不機嫌なカストネル大佐。

どうやらシメオンが有罪確定にならず、大激怒中です。

 

ミエルとマリエルの場所なら、背後から彼らの言葉がよく聞き取れます。

実際色んな情報が聞き取れました。

 

  • 自分は直接手を下してない。
  • 情報を持つ人物は順番に始末してる。
  • 次は上にいるフランシスを始末する予定。

 

そしてカストネル大佐自身も追い詰められてる状況だということ。

 

”あの方”からの連絡が途絶えたそうな。

そのあの方が間違いなく黒幕です。

なんとか名前を聞きたい!!!

 

マリエルの願いむなしく、名前は出てきません。

よく考えるとカストネル大佐も名前を知らない可能性があります。

こういうときマリエルは考えうる可能性の幅が広いっ。

 

 

ミエルはこのタイミングでカードゲームを切り上げ、席を立ちます。

 

 

フランシス発見

 

今度は女性陣を楽しませるそうで…。

裕福そうな彼に群がる女性たちは色めき立ちます。

 

2階は娼館になってるという情報通り、選ばれた女は嬉しそうに上へ案内してくれます。

これでフランシスがいる上へ自然に行けます。

なんて頭がいいんでしょう~。

 

そして一緒に2階に上がったマリエル。

部屋の1つから後ろ手に縛られたフランシスを発見しました。

 

フランシスは自分が殺されるとわかっていて、助けを請う様子はありませんでした。

自分が悪いことをしたとわかってるようです。

 

 

だけど、シメオンがどういう男かをマリエルに突きつけられ。

このまま負け犬でいいのか。

ミエルに諭され。

 

2人の助けを借りながらこの場を立ち去ろうとするのでした。

 

 

シメオン登場

 

フランシスを助けたらこの場は用なし。

むしろ危険です。

危険すぎます。

館を出る算段をしてると、よりにもよってカストネル大佐が立ちはだかりました。

 

とっさにカードで儲けたお金をバラまいて、この場を強引に立ち去る3人。

(周りにいた人がお金に群がって壁になってくれました)

 

階段を下りる途中、マリエルだけが遅れを取りこけてしまい、大ピンチ!

後ろから剣が振り下ろされます。

 

斬られる!

マリエルの危機を救ったのはシメオンでした。

どうやらミエルことハチミツ色の美人さんはナイジェル卿と呼ばれ、シメオンのお仲間だったみたい。

圧倒的な力の差でこの場を制圧するシメオン。

 

かっこいい…!

と思った読者(私)だけどマリエルにはちょっと違って写ってるような…。

 

 

 

感想

 

ハチミツ色の美人さん、シメオンのお仲間だったとは…!

 

どこまでも知らされず、守られてたマリエル。

この件はこれでいったん落ち着くのでしょうか。

それとも”あの方”を捕縛するまで、シメオンは改めてなりを潜めるのか…。

 

もし後者なら甘い時間はまだまだお預けかな~。

マリエルクララックの婚約って、事件に追われる大変なターン。

落ち着いてラブラブなターンとあって、シメオンのツンとデレの差が激しい。

そしてそこがまたいいのですっ!

ただ今回は、マリエルが副団長としてのシメオンを初めて目の当たりにしました。

激しい現場で血も飛んで…。

彼をどう見るようになるんだろうってちょっと心配したりして。