黒崎秘書に褒められたい11話のネタバレあらすじと感想~モラハラ倉橋と見守る黒崎

黒崎秘書に褒められたい11話のネタバレあらすじと感想です。

酔った黒崎に抱きしめられて!

彼との仲が進展するかと思いきや。

今回は樹里の元カレ・倉橋の登場です。

……樹里よ…。なぜこの男と付き合っていた…。

黒崎秘書に褒められたい11話ネタバレあらすじ

 

\  ネタバレ前に読むならこちら! /

どのサイトで読む?

ebookjapanを初めて使うと…
→半額クーポンが利用可能。

U-NEXTで初めて登録すると…
→無料登録でもらえる600pが利用可能!

どっちも利用したことのある方は…
お好きなサイトでどうぞ!

 

ここからは

ネタバレするよ!

 

元カレ

 

久しぶり~今夜ヒマ

そんなメッセージに目を丸くする樹里。

 

ーーーーーー

今日は新ブランドの広告担当をお願いする取引先との顔合わせです。

会長と黒崎、そして樹里が対応します。

 

扉を開けるとスーツ姿の男性が複数名いました。

にこやかに挨拶を交わす面々。

その中で<倉橋>という男を見て密かに固まる樹里。

彼、倉橋こそが樹里の元カレで今夜会わないかとメッセージを送ってきた人物なのでした。

 

 

応接室を後にした樹里を倉橋は待ち構えていました。

気まずそうな樹里に対してこの男、倉橋の態度は目も当てられないほど非礼なもので…。

断崖絶壁の崖の上から見下げてるんですか?ってくらいの上から発言の連発です。

お前なんて。

バーカ。

人格否定ともとれる発言を連発した彼。

彼なりに用件があったようです。

 

今夜付き合えよ。

 

今夜の合コンで女子に欠員が出たから変わりに来いというもの。

ついでに店探しも含めて、まるで目上の者か何かのように命令します。

 

有無を言わさない彼の態度に樹里は動揺を隠せません。

断ろうとしてた樹里ですが表情は怯え、ついにうつむいてしまいました。

 

 

黒崎の苛立ち

そこを通りかかった黒崎さん。

樹里と倉橋が話し込んでる姿を目にします。

絶対来い

そんな言葉も耳にして。

……これは、ナンパ?

 

若干の苛立ちを見せながら静観してると、困り顔の樹里が押し切られてその場が終わっていました。

ーーーーーー

 

場面が変わって、黒崎と樹里が打ち合わせをしています。

その際、らしくない樹里の発言がひっかかる黒崎。

 

 

~退社時間~

トイレで化粧直しに時間をかける樹里がいます。

念入りな様子が気になり声をかけたのは宮脇先輩。

 

樹里は合コンで女子受けする店を元カレ・倉橋に予約するよう言われてました。

その店を宮脇先輩に相談します。

 

 

トントントントントントン

頬杖ついて机を指先でトントンし続けてる黒崎さん。

なんだか浮かない表情です。

そこへ声をかける宮脇さん。

 

樹里を見なかったか聞かれた彼女は、彼女なら合コンに行ったと答えます。

(さっき合コンによさげなお店を相談されましたからね。)

 

合コン?!

思わず立ち上がる黒崎。

脳裏には昼間見た光景が浮かびます。

強引に誘う倉橋と押し切られた風の樹里の表情…。

 

 

合コン

 

こじゃれてて

ちょっぴりムーディーなお店に現れた樹里。

 

こっちこっち。

先に来てた倉橋が気安く声を掛けます。

 

合コンと聞いてたこの場。

なんと2人きりです。

 

今日はお前で遊ぼうと思って。

最初から2人で会う予定だったみたい…。

それにしても聞き捨てならないセリフばっかり吐く男…っ。

 

すぐに帰ろうとする樹里に、座れと命令する倉橋。

なぜか固まり動けなくなる彼女を馴れ馴れしくエスコートし席に着かせます。

 

 

ー。

しばらくずっと彼の、彼語りが続いてるようです。

楽しそうな倉橋。

浮かない顔の樹里。

彼女の脳内は、

帰りたい。

黒崎さんに会いたい。

の一色です。

 

ふと、樹里が可愛くなってる。なんて言い始める倉橋はこの後、付き合ってやってもいいなんて言い出します。

何をかって、ホテルです。

(読んでてここらで本格的にゾワッ)

 

樹里にとって初めての彼だったらしい倉橋は、自分をブロックしてない時点で期待してると勝手に勘違いしてるみたい。

(痛い痛い痛いっ)

戸惑う樹里の肩を抱きます。

即座に黒崎との時間が脳裏を駆け巡り…。

倉橋を押しのけ、走って店を出た樹里。

 

 

そこには車で迎えに来てた黒崎の姿が。

その姿に驚いたのは樹里だけでなく、追いかけてきた倉橋も。

2人の仲を勘ぐる倉橋に、大事な部下だと説明した黒崎でした。

 

 

車を走らせ公園に着いた2人。

温かい飲み物を渡しながら、落ち着いたかと気遣う黒崎。

ほっとした樹里の目から涙がこぼれて止まらなくなりました。

 

彼があの店で待っててくれたこと。

自分をちゃんと見ててくれたことに気づいた樹里は、ますます涙が止まらなくなって…。

 

そんな彼女に触れようとして伸ばした手を引き、ハンカチを渡す黒崎。

差し伸べられたハンカチ。

だけど樹里は受け取らず、彼の胸に飛び込むのでした。

 

動揺と混乱が入り混じった表情。

だけど口角がちょっとだけ上がってる気も…?

自分の胸に飛び込んできた樹里を抱きしめるのでなく、そっと頭をなでてやるのでした。

 

 

 

 

感想

なんなんだ倉橋。

すごい上から目線でびっくりおののきました。モラハラ代表選手ですねっ

 

お前遊んでやろうと思って。

いいぜ。

この後、ホテルに行ってやっても。

 

ゾゾゾッ

 

自分の変化に気づいてくれ何も言わず見守ってくれてた黒崎さん。

次回は彼にこれまでのことを話すようで…。

黒崎がどんな風に受け止めるのか楽しみです。